ニュース
» 2021年03月18日 15時30分 公開

AWS、障害注入試験に向くフルマネージドサービス「AWS Fault Injection Simulator」を正式リリースカオスエンジニアリングに役立つ

AWSはシステムに意図的に障害を発生させる障害注入試験に向いたフルマネージドサービス「AWS Fault Injection Simulator」の一般提供を開始した。CPUやメモリの使用量の急増といった破壊的なイベントを発生させてアプリケーションに負荷をかけ、システムの反応を監視して、改善できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年3月16日(米国時間)、システムに意図的に障害を発生させる試験(障害注入試験)を実行できるフルマネージドサービス「AWS Fault Injection Simulator」の一般提供を開始したと発表した。

 アプリケーションのパフォーマンスやオブザーバビリティ(可観測性)、レジリエンス(復元力)の継続的な改善を容易にするとしている。

 障害注入試験は、カオスエンジニアリングで使用される。カオスエンジニアリングはテスト環境や本番環境で、CPUやメモリの使用量の急増といった破壊的なイベントを発生させてアプリケーションに負荷をかけ、システムの反応を監視して、改善につなげる手法。障害注入試験は分散システムで見つけにくい隠れたバグや監視上の盲点、パフォーマンスボトルネックを発見するために必要な、実世界の条件を作り出す際に役立つ。

どのように試験を進められるのか

 開発チームがアプリケーションの動作の信頼性を確保できるように、さまざまなAWSサービスを対象として、制御された障害注入試験をセットアップし、実行するプロセスを、Fault Injection Simulatorで簡素化できる。Fault Injection Simulatorでは目的の破壊的イベントを生成する作成済みテンプレートを使って、迅速に試験をセットアップできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。