ニュース
» 2021年03月19日 08時00分 公開

「オンラインでは雰囲気や人柄が分からず、配属先を決めにくい」 manebiが新入社員研修に関する調査結果を発表約6割の企業がオンライン研修を実施

manebiは、「2021年のオンライン新入社員研修」に関する調査結果を発表した。2021年の新入社員研修をオンラインで実施する予定の企業は全体の約6割だった。オンライン研修での課題については、コミュニケーションに関するものが多かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 manebiは2021年3月18日、「2021年のオンライン新入社員研修」に関する調査結果を発表した。調査対象は、全国の企業の人事担当者で、450人から有効回答を得た。調査結果によると約6割の人事担当者が「オンライン研修を実施する」または「オンライン研修と対面研修を併用する」と回答。それに対して「対面研修」は20%、「まだ決まっていない」が16%だった。

「情報通信業」「運送・輸送業」での実施率が高い

 業種別に見ると、「運送・輸送業」(約43%)や「情報通信業」(約37%)、「製造業」(約32%)でオンライン研修を実施する企業の割合が高かった。manebiは「『運送・輸送業』は全国に事業所があることが多く、オンラインでの新入社員研修は各事業所の研修の質を均一に保つことができるため、オンライン研修を実施する割合が高かったのではないか」と推測している。

画像 業種別、2021年新入社員研修の実施形式(出典:manebi

オンライン研修でもコミュニケーションを活発にするには?

 新入社員研修をオンラインで実施することの課題も挙がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。