ニュース
» 2021年03月22日 08時00分 公開

2020年は転職が鈍化、一方で「コロナで転職活動に積極的になった」という意見も マイナビが調査結果を発表「転職動向調査2021年版」

マイナビが発表した「転職動向調査2021年版」によると、2020年の転職率は対前年比2.1ポイント減の4.9%。転職率は2016年以降増加傾向にあったが、2020年は減少に転じた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 マイナビは2021年3月18日、「転職動向調査2021年版」を発表した。2020年に転職経験があり、現在正社員として働いている20歳代〜50歳代の男女1500人を対象に転職者の傾向や変化を調査した。

 調査結果によると、2020年の転職率は対前年比2.1ポイント減の4.9%。2020年に転職した人のうち、在職中に転職した割合は67.5%だった。2016年以降、転職率は増加傾向にあったが、2020年は減少に転じて2018年と同水準になった。

画像 正社員転職率(出典:マイナビ

「COVID-19をきっかけに転職活動に積極的になった」

 転職に対するイメージは、年々ポジティブになっているようだ。「転職は前向きな行動である」と回答した割合は、対前年比1.4ポイント増の69.7%。「転職は必要である」との意見も過半数を占めている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は転職にも影響を及ぼしている。COVID-19の影響で転職に積極的になった割合は36.9%となり、転職に消極的になった割合19.0%の約2倍だった。特に、20歳代男性の51.2%がCOVID-19をきっかけに転職活動に積極的になったと回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。