ニュース
» 2021年03月25日 16時00分 公開

Google、「Network Connectivity Center」のプレビュー版を発表オンプレミスとクラウドのネットワーキングを簡素化

Googleは世界規模のネットワーク管理を実現し、オンプレミスとクラウドの接続ニーズに合わせて複雑なネットワークを簡素化できる「Network Connectivity Center」のプレビュー版を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年3月24日(米国時間)、世界規模のネットワーク管理を実現し、オンプレミスとクラウドの接続ニーズに合わせて複雑なネットワークを簡素化できる「Network Connectivity Center」のプレビュー版を発表した。

 Network Connectivity Centerを利用すると、Googleのグローバルインフラを介して、オンプレミスとクラウドのネットワークを含む異種混在ネットワークの作成や接続、管理を一元的に容易に実行できるという。

 Network Connectivity Centerは、VPNの他、パートナーのインターコネクトや専用のインターコネクト、サードパーティーのルーターやSD-WAN(ソフトウェア定義型WAN)をシームレスに接続するポイントとして機能する。アプリケーションとユーザーの位置にかかわらず、接続の最適化や運用負担の軽減、コスト低減を支援する。

Network Connectivity Centerの概念図(出典:Google

 Network Connectivity Centerは、オンプレミスとクラウドネットワークを全て1箇所で簡単に作成、拡張、管理する方法を提供する。主なメリットは5つある。

(1)単一接続モデルを提供

 Network Connectivity Centerは、VPNやインターコネクト、SD-WANを簡単に接続、管理して、ユーザーがワークロードへシームレスにアクセスできるようにする。

 Network Connectivity CenterのリソースはGoogleのグローバルインフラで稼働しており、高いパフォーマンスや信頼性、セキュリティを提供する。

(2)柔軟なクラウド接続でも信頼性が高い

 Network Connectivity Centerは、信頼性の高い方法でデータを転送できるようにする。

 企業がGoogleのグローバルインフラを使っていれば、新規/既存を問わず、パートナーのインターコネクトや専用インターコネクト、Cloud VPN接続、サードパーティーのルーター、SD-WANを利用して、オンプレミスサイトとクラウドリソース全体にわたって信頼性を享受できる。統一的な接続エクスペリエンスも提供する。

(3)VPNベースのマルチクラウド接続を実現

 Network Connectivity Centerは、VPNベースのクラウド接続を直接利用可能にする。パートナーとの連携により、企業がマルチクラウドのリソースを作成、接続、利用する際に柔軟に選択できるようにする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。