ニュース
» 2021年03月26日 08時00分 公開

理想は「生涯現役」でも自信があるのは「60歳代後半」まで プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が「フリーランス白書2021」を発表2020年度はフリーランスの55%が減収に

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は「フリーランス白書2021」を発表した。2020年度の事業収益が前年度よりも減ったと回答したフリーランスは55.0%。生涯現役と考えている人が最も多かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は2021年3月25日、「フリーランス白書2021」を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のフリーランスへの影響や、フリーランスが考える「定年」と人生100年時代のキャリアプラン、社会保障に対する課題感についての調査結果をまとめた。

 この調査は、2020年12月23日〜2021年1月25日にフリーランス協会のメールマガジンやSNSによって募集した人を対象に実施し、733人から有効回答を得た。フリーランスまたはパラレルキャリアとして活動している人は、そのうち715人だった。

約半数が前年度に比べて「収益が減った」

 直近の1年間で仕事の獲得につながった経路では、多い順に「人脈」(69.2%、複数回答、以下同)、「過去または現在の取引先」(62.0%)、「自分自身の広告宣伝活動」(28.7%)、「エージェントサービスの利用」(23.6%)、「求人広告」(14.1%)となった。

 最も収入が得られた仕事の獲得経路は「人脈」(36.1%)、「過去または現在の取引先」(33.3%)、「エージェントサービスの利用」(12.9%)で、前年と変わらなかった。今の働き方の課題について聞くと「収入がなかなか安定しない」と回答した割合が64.2%で最も高く、前年調査から9.1ポイント増えた。

画像 直近1年間で仕事の獲得につながった経路(出典:プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

 新型コロナウイルス感染症の影響を聞いたところ、「2020年度の事業収益が前年度よりも減った」と回答した割合は55.0%。内訳は「10割減」が3.1%、「7〜9割減」が10.3%、「4〜6割減」が19.3%、「1〜3割減」が22.2%だった。「変わらない」は20.7%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。