ニュース
» 2021年03月31日 08時00分 公開

サイバー脅威に対応するための「オンラインの日常習慣や知識の正しさ」を評価するテストで日本が世界最下位 NordVPNが調査「サービス契約時にプライバシーポリシーを読まない」が約3割

NordVPNは、192カ国で実施した「ナショナルプライバシーテスト」の結果を発表した。サイバー脅威に対応するためのオンラインの日常習慣や知識の正しさを評価したもので、日本はほぼ全ての項目において評価対象となった21カ国の中でも特に低い点数だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NordVPNは2021年3月30日、ナショナルプライバシーテストの結果を発表した。今回の調査では192カ国の4万8063人を対象に、サイバー脅威に対応するためのオンラインの日常習慣や理論的・実践的な知識の正しさを評価した。192カ国のうち、評価対象となった21カ国の中で、日本はほぼ全ての項目において特に低い点数だった。

画像 ナショナルプライバシーテストの結果(出典:NordVPN

日本は世界平均よりも20.8点低い

 ナショナルプライバシーテストは、「デジタル習慣」「デジタルプライバシーに関する知識」「オンラインリスク処理」の3項目と、それらの総合評価である「ナショナルプライバシースコア」の、合計4項目について100点満点で採点する。日本のナショナルプライバシースコアは44.4点で「正解率は半分以下」を意味する。日本は世界平均よりも20.8点、米国よりも24.1点、それぞれ低かった。

 デジタル習慣について日本は34.8点だった。これは世界平均よりも12.3点低い。日本よりも点数が低かったのはブラジルの33.4点だけだった。日本人のうち、新しいアプリやオンラインサービスを契約するときに、「プライバシーポリシーを読まない」と答えた割合は29.4%、「読んだかどうか分からない」は18.7%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。