連載
» 2021年04月05日 05時00分 公開

OneDriveのファイルを「ファイルオンデマンド」に設定してローカルストレージの空き容量を増やすTech TIPS

OneDriveを活用しているといつの間にか、Windows 10上のOneDriveフォルダの容量が増えてしまい、ローカルストレージを圧迫してしまうことがある。このような場合、ファイルを整理するのと同時に、ある程度の期間アクセスしていないファイルを「ファイルオンデマンド」にして、ローカルストレージから削除するとよい。その方法を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:OneDrive(Windows 10)


さまざまなデバイスと同期しているとOneDriveフォルダの容量が増えてしまう さまざまなデバイスと同期しているとOneDriveフォルダの容量が増えてしまう
OneDriveを使ってさまざまなデバイスと同期していると、いつの間にかWindows 10上のOneDriveフォルダの容量が増えてしまうことがある。不要なファイルを整理するのはもちろん、取っておきたいファイルでも、しばらくアクセスしていないものは「ファイルオンデマンド」に設定して、ローカルストレージの容量を空けよう。

 Windows 10では、オンラインストレージの「OneDrive」のクライアントが標準で搭載されており、Microsoftアカウントでサインインすれば、すぐにOneDriveが利用できる。スマートフォンなどでもOneDriveが利用できるため、さまざまなデバイスとOneDriveを介してファイルのやりとりも可能だ。

 ただ、OneDriveはオンラインストレージとはいえ、設定によってはローカルのストレージと同期してしまい、いつの間にかストレージ容量が圧迫されてしまうことがある。このような場合、Windows 10上のOneDriveフォルダ内のファイルを「オンデマンド」に設定して、OneDriveフォルダの容量を減らすとよい。ファイルを削除するわけではないので、必要になったらオンラインストレージのOneDrive上からダウンロードしてすぐに利用できる。

OneDriveの「ファイルオンデマンド」機能とは

 OneDriveの「ファイルオンデマンド」機能の詳細については、Windows 10 The Latest「Windows 10のOneDriveでファイルのファイルオンデマンドダウンロード機能を利用する」も参照してほしいが、ここでも簡単に説明しておこう。

 OneDriveでは、同期時にファイルやフォルダをローカルのストレージにコピーせずに、ファイルやフォルダのリストのみをコピーしておき、ファイルやフォルダへのアクセスが行われた時点でクラウド上からダウンロードを行うようにすることが可能だ。Windows 10のOneDriveフォルダをエクスプローラーの[詳細]表示で開いた際、ファイルやフォルダの「状態」列に[クラウド(雲形)]アイコンが表示されているのが、「ファイルオンデマンド」となっているものだ(後述のOneDriveの設定で、ファイルオンデマンドを有効にしていないと「状態」列は表示されないので注意してほしい)。

「ファイルオンデマンド」になっているファイルやフォルダ 「ファイルオンデマンド」になっているファイルやフォルダ
エクスプローラーでOneDriveフォルダを開くと、「状態」列でローカルストレージに存在するか、クラウド上だけに存在するかが分かるようになっている。クラウド上にあるファイルやフォルダでも、ファイル名/フォルダ名は確認でき、クリックするとクラウドからダウンロードされてファイルやフォルダにアクセスできる。

 エクスプローラー上では、ファイルやフォルダが存在するように見えるが、実体はクラウド上にあるため、ローカルストレージはほとんど消費しないで済む。ただ、ファイルオンデマンドになっているファイルやフォルダを開く場合は、実体をクラウドからダウンロードする必要があるので、インターネット接続が必須となる。また、容量の大きなファイルを開いたり、ネットワークの通信品質が悪かったりすると、開くのに時間がかかってしまうことがある。

同期の設定を変更してファイルオンデマンドを有効にする

 OneDriveフォルダでファイルオンデマンドを使うには、OneDriveの設定でファイルオンデマンドを有効にする必要がある(デフォルトは有効)。エクスプローラーでOneDriveフォルダを開いた際、右ペインのファイル一覧を[詳細]表示にして、「状態」列が表示されない場合、ファイルオンデマンドが無効になっているので有効にしよう(「状態」列が表示される場合は、設定変更は不要)。

 それには、Windows 10のインジケーター領域(通知領域)にある[OneDrive]アイコンをクリックし、[ヘルプと設定]をクリックし、メニューの[設定]を選択する。[Microsoft OneDrive]ダイアログが表示されるので、[設定]タブを開き、「ファイルオンデマンド」欄のチェックを入れればよい。これでデフォルトが「ファイルオンデマンド」になり、同期時にファイルがローカルストレージにコピーされなくなる。

ファイルオンデマンドを有効にする(1) ファイルオンデマンドを有効にする(1)
エクスプローラーでOneDriveファイルを開いた際、[詳細]表示で「状態」列が表示されない場合は、「ファイルオンデマンド」が無効になっている可能性が高い。
ファイルオンデマンドを有効にする(2) ファイルオンデマンドを有効にする(2)
インジケーター領域(通知領域)の[OneDrive]アイコンをクリックし、表示された画面で[ヘルプと設定]をクリックし、メニューが表示されたら[設定]を選択する。
ファイルオンデマンドを有効にする(3) ファイルオンデマンドを有効にする(3)
[Microsoft OneDrive]ダイアログが開くので、[設定]タブを選択し、「ファイルオンデマンド」欄のチェックボックスにチェックを入れて有効にする。有効にしたら、エクスプローラーでフォルダを移動してみよう。「状態」列が表示されるようになるはずだ。

 この設定はデバイスごとに行う必要がある点に注意してほしい。ちなみに、スマートフォンのOneDriveは、ファイルオンデマンドが標準で、無効する設定はない。ローカルストレージにコピーする場合は、ファイル名やフォルダ名の右端にある縦3点アイコンをタップし、表示されたメニューで「オフラインで使用可能にする」を「オン」に設定すればよい。

直近にアクセスしていないファイルを「ファイルオンデマンド」に設定する

 OneDriveフォルダにあるファイルやフォルダの中で、直近にアクセスしていないものも多いはずだ。不要であれば、こうしたファイルを削除することで、オンラインストレージのOneDriveの使用容量も減らすことができる。ただ、アクセスはしていないものの、重要なファイルで消せないものもあるだろう。こうしたファイルは、ファイルオンデマンドに設定して、ローカルストレージからファイルの実体を削除すれば、ローカルストレージの空き容量を増やすことができる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。