ニュース
» 2021年04月05日 16時30分 公開

GitHub、「GitHub Desktop 2.7」を公開、コミットのチェリーピックが可能に操作のやり直しもたやすい

GitHubは2021年3月30日(米国時間)、GUIを使ってGitHubを操作できる公式クライアントアプリケーションの最新版「GitHub Desktop 2.7」を公開した。「git cherry-pick」コマンドをGUIで実行できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2021年3月30日(米国時間)、GUIを使ってGitHubを操作できる公式クライアントアプリケーションの最新版「GitHub Desktop 2.7」を公開した。

 GitHub Desktop 2.7の目玉は、「コミットのチェリーピック」(コミットの選択)機能を搭載したことだ。GitHubはこれが「2020年に最も要望の高かった機能の一つだ」としている。「git cherry-pick」コマンドをGUIで実行できる。

 コミットのチェリーピックとは、あるブランチの特定のコミットを選択し、別のブランチにコピーできる機能。間違ったブランチに変更をコミットしてしまった場合や、あるブランチに加えたのと同じ変更を別のブランチにも加えたい場合、コミットをチェリーピックして、変更を別のブランチに適用できる。

 さらにプルリクエストを作成したり、マージしたりする準備が整う前に、チェリーピックによって特定の変更を適用することもできる。例えば、バグ修正をある機能ブランチにコミットした場合、バグ修正を含むそのコミットをプロジェクトの他のブランチにチェリーピックすることが可能だ。

コミットのドラッグ&ドロップ

 コミットのチェリーピックをドラッグ&ドロップ操作で実行できる。[Shift]キー+[クリック]で複数のコミットを選択し、ドラッグ&ドロップすることもできる。

ドラッグ&ドロップによるチェリーピックの例(出典:GitHub、クリックで再生)

チェリーピックの便利な機能

 チェリーピックには大きく3つの特徴がある。

  • (1)元に戻す(Undo)

 コミットをチェリーピックしてから、コミットの選択が間違っていたことに気付いた場合、実行後のバナーに表示される「undo」をクリックするだけでコミットが削除されて、もともとのブランチに戻る

  • (2)コンフリクトの解消

 コミットのチェリーピックでコンフリクトが発生したら、マージやリベースの際に表示されるのと同じコンフリクト解決ダイアログが表示されるため、これを利用して対応できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。