連載
» 2021年04月07日 05時00分 公開

Windows Serverの管理がもっと楽になる「Windows Admin Center」のここがイイ!(その1)山市良のうぃんどうず日記(204)

Windows Server 2019に合わせて登場したHTML5ベースのサーバ管理アプリ「Windows Admin Center(WAC)」。登場から2年半がたち、最新バージョンは2021年3月リリースされたWAC 2103です。もし、まだインストールしていない、インストールしたけど使ったことがないという方は、これまで進化を遂げ、これからも進化し続けるであろうWACをお試しあれ。これさえあれば、Windows ServerはもうServer Coreインストールでいいと思うかもしれません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

既存ツールを1つにまとめただけではない、WACのいいところとは?

 「Windows Server 2008」以降、Windows Server LTSCバージョンのインストールの種類には「Server Core」と「デスクトップエクスペリエンス」(古くは「フルインストール」や「GUI使用サーバー」と呼ばれていました)の2種類があります。

 「Windows Server 2012」からはServer CoreがWindowsセットアップの既定で選択されるインストールの種類になったため、何も知らずにインストールを進めるとGUI(グラフィックユーザーインタフェース)のない、真っ黒なデスクトップに驚き、再インストールする羽目になった方もいるでしょう(画面1)。

画面1 画面1 既定の選択である「Windows Server 2019 Datacenter」がServer Coreであるとは知らずに、意図せずGUIのないサーバが出来上がってしまうことは、Windows Serverインストールの“あるある”

 「リモートデスクトップサービス(RDS)」など一部の「サーバーの役割」を除き、インフラストラクチャサーバとしては軽量なServer Coreで十分なのですが、管理の都合からデスクトップエクスペリエンスをあえて選択して運用しているところは多いのではないでしょうか。

 「Windows Admin Center(WAC)」は、「Windows Server 2019」が登場する少し前、2018年4月に初めてのGA(General Availability:一般提供)バージョン「1804」がリリースされました。

 Windows Server 2019のデスクトップエクスペリエンスで「サーバーマネージャー」が自動起動する際、あるいは「フェールオーバークラスターマネージャー」を開くと、「Windows Admin Centerでのサーバー管理(クラスター管理)を試してみる」というポップアップメッセージが表示されるので、WACの存在自体はWindows Server 2019に関わる皆さんにとってはご存じのことかと思います(画面2)。

画面2 画面2 「サーバーマネージャー」や「フェールオーバークラスターマネージャー」を開くと、WACがお勧めされる

 Windows Serverの標準的な管理ツールとしては「サーバーマネージャー」の他、役割や機能に応じて用意されている「Microsoft管理コンソール(MMC)」スナップインやPowerShellモジュールのコマンドレットがあります。

 デスクトップエクスペリエンスではどちらも利用できますが、Server Coreのローカル環境ではコマンドラインに制限されます。もちろん、デスクトップエクスペリエンスの管理ツールや「Windows 10」の「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」を使用してリモート管理する限りにおいて、インストールの種類は問いません。

 WACの良いところは、リモート管理を前提とし、管理対象のインストールの種類に関係なく、WACが提供する共通の管理コンソール内で「サーバーマネージャー」や各種MMCスナップインと同等の機能を利用できることにあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。