ニュース
» 2021年04月07日 16時00分 公開

人気ランキング「TIOBEインデックス」で「Objective-C」が20位圏外にJavaにわずかな差で迫るPython

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年4月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占め、10年前に隆盛を誇った「Objective-C」が20位から転落した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは、2021年4月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。今回は「C」言語が14.32%のレーティングで首位を獲得し、「Java」「Python」「C++」「C#」が2〜5位を占めた。

 1年前の2020年4月をみると、わずかな差でJavaが首位(16.73%)、Cが2位(16.72%)だった。いずれも今回はレーティングが低下したものの、Javaの方が大きく落ち込んだため、順位が逆転した。

 3位のPythonはJavaに0.2ポイント差まで迫っている。Pythonは上位20言語の中で、前年同月比のレーティング上昇幅が最も大きかった(1.72ポイント増)。上昇幅が1ポイントを超えたのは、Python以外ではアセンブリ言語のみ(1.16ポイント増)だった。

TIOBEインデックス(2021年4月版)から1〜20位を示した(出典:TIOBE Software
TIOBEインデックス1〜10位の推移を示した(出典:TIOBE Software

「Objective-C」が20位圏外に

 TIOBE Softwareは今回のTIOBEインデックスで、「Objective-C」が上位20言語から転落したことを指摘した。短期的には、20位以内に復帰する可能性が非常に低いとの見通しを示している。

 Objective-Cは、10年ほど前にはTIOBEインデックスで高いレーティングを獲得し、2011年と2012年には「今年のプログラミング言語」に選出されている。当時はAppleの「iPhone」人気が本格化し始め、iPhoneアプリケーションは全てObjective-Cで作成されていた。

 だが、Appleが2014年にObjective-Cに代わる新言語として「Swift」を発表したことで、Objective-Cの順位が低下し始めた。ただし、SwiftがObjective-Cを上回る順位を占めるまでには、長い時間がかかったと、TIOBE Softwareは指摘している。今回のレーティングでSwiftは15位だった。

 TIOBE Softwareは、古い言語の人気が突然復活する場合もあり、Objective-Cにもその可能性は残っていると述べた。そうした古い言語の例として「Fortran」がある。最初の商用プログラミング言語であるFortranは、10年以上、低調だったが、20位以内に返り咲いている(今回は20位)。Fortranは、科学技術計算ニーズの増大に伴い、人気が上昇している。

21位以下のランキングは?

 TIOBE Softwareは今回のTIOBEインデックスについて、21〜50位のランキングも非公式に公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。