連載
» 2021年04月12日 05時00分 公開

GoogleドライブをG:などに割り当ててWindows 10でシームレスに使うTech TIPS

これまで、個人アカウント向けの「バックアップと同期」と主に企業アカウント向けの「ドライブファイルストリーム」と2つに分かれていたGoogleドライブのクライアントソフトウェアが、「パソコン版Googleドライブ」に統一される。そこで、現在提供されている「パソコン版Googleドライブ」の使い方を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Googleドライブ(Windows 10)


パソコン版Googleドライブを使う パソコン版Googleドライブを使う
パソコン版Googleドライブをインストールすると、Googleドライブがネットワークドライブをマウントしたように利用することができる。

 「Googleドライブ」をWindows 10上から利用できるようにするクライアントソフトウェアとして、Googleから「バックアップと同期」と「パソコン版Googleドライブ(旧、ドライブファイルストリーム)」の2種類が提供されている。個人Googleアカウント向けには、「バックアップと同期」が推奨されていたため、「バックアップと同期」でGoogleドライブを利用している人も多いのではないだろうか。

 しかしGoogleは、2021年2月4日にGoogle Workspace Updates Blog「Googleドライブのコンテンツをパソコンに同期する方法に関する更新情報」で個人向けの「バックアップと同期」と主に企業向けとして提供してきた「ドライブファイルストリーム」を統合して、2021年後半に「パソコン版Googleドライブ」として提供すると発表している。

 「ドライブファイルストリーム」は、既に「パソコン版Googleドライブ」に名称を変更しているが、機能的にはまだ「ドライブファイルストリーム」のままである。各クライアントソフトウェアの機能は、下表の通りである。この表を見ると分かる通り、提供予定の新しい「パソコン版Googleドライブ」は、「ドライブファイルストリーム」に近いものとなっている。なお、既に「バックアップと同期」については、以前のダウンロードページからWindows OS用のクライアントソフトウェアのダウンロードができなくなっている点に注意してほしい。

  バックアップと同期 ドライブファイルストリーム パソコン版Googleドライブ
マイドライブ内のファイルを使用する
共有ドライブ内のファイルを使用する × ○(プランに共有ドライブが含まれる場合や、共有ドライブに招待されている場合) ○(プランに共有ドライブが含まれる場合や、共有ドライブに招待されている場合)
マイドライブ内の選択したフォルダのみをPCと同期する ×(ファイルのストリーミングでディスク容量を節約) ×(ファイルのストリーミングでディスク容量を節約)
マイドライブの個別のファイルのみを同期してオフラインで使用する ×
Microsoft OfficeなどのGoogle以外のファイルを開いて保存する
Microsoft Officeでリアルタイムプレゼンスを使用して編集しているユーザーを確認する ×
Microsoft Outlook、Meetのスケジュールと連携する ×
[ドキュメント]や[デスクトップ]などのローカルフォルダをGoogleドライブに同期する ×
Googleフォトに写真や動画をバックアップする ×
GoogleドライブではなくGoogleフォトに写真や動画を直接バックアップする × ×
複数のアカウントに同時にアクセスする ×
USBから直接アップロードする ×
特定のファイル拡張子を無視する × ×
個人のGoogleアカウントで使用する
企業や学校のGoogleアカウントで使用する 未定
Googleドライブのクライアントソフトウェアの主な違い
表は、Google Oneヘルプ「Google ドライブの同期クライアントに関する今後の変更」の「機能の詳細」を元に一部編集、追記したもの。

 そこで、「ドライブファイルストリーム」から名称を変更した「パソコン版Googleドライブ」の使い方を取り上げることにしよう。この「パソコン版Googleドライブ」に慣れておけば、近々提供される新しい「パソコン版Googleドライブ」でも戸惑うことはないだろう。

パソコン版Googleドライブをインストールする

 まず、古いGoogleドライブのクライアントソフトウェアをインストールしている場合は、事前にアンインストールしておく。「バックアップと同期」とは共存できるようだが、ローカルの異なるフォルダにキャッシュデータが別々に保存されるなど、無駄にローカルストレージが圧迫される可能性がある。事前に「バックアップと同期」をアンインストールしておいた方がいいだろう。

 次は、以下のWebページを開き、「パソコン版Googleドライブをダウンロードしてインストールする」を展開し、[Windows版をダウンロードする]ボタンをクリックする。インストールパッケージの「GoogleDriveFSSetup.exe」がダウンロードできる。

パソコン版Googleドライブのインストーラーをダウンロードする パソコン版Googleドライブのインストーラーをダウンロードする
Webブラウザで「職場や学校のアカウントでパソコン版Googleドライブを使用する」ページを開き、「パソコン版Googleドライブをダウンロードしてインストールする」を展開、[Windows版をダウンロードする]ボタンをクリックする。

 GoogleDriveFSSetup.exeを実行すると、パソコン版Googleドライブのインストーラーが起動する。[Googleドライブをインストールしますか?]ダイアログが表示されたら、「デスクトップにアプリケーション……」と「Googleドキュメント、スプレッドシート、……」のチェックボックスを必要に応じて設定する。[インストール]ボタンをクリックすると、パソコン版Googleドライブがインストールできる。なお、[スタート]メニューには、「Google Drive」として追加されるので注意してほしい。

 インストールが完了すると、Googleドライブのログインダイアログが表示されるので、指示に従ってGoogleアカウントとパスワードを入力する。場合によっては、SMSなどによる本人の確認が求められることもある。ログインが完了すると、[Googleドライブへようこそ]画面が表示されるので、次々と進めていけばよい。これで、Googleドライブに適当なドライブレターが割り振られ、ネットワークドライブのような形でアクセスできるようになる。

パソコン版Googleドライブをインストールする(1) パソコン版Googleドライブをインストールする(1)
GoogleDriveFSSetup.exeを実行すると、パソコン版Googleドライブのインストーラーが起動する。「デスクトップにアプリケーション……」と「Googleドキュメント、スプレッドシート、……」のチェックを必要に応じて設定して、[インストール]ボタンをクリックする。
パソコン版Googleドライブをインストールする(2) パソコン版Googleドライブをインストールする(2)
Googleアカウントでログインする。
パソコン版Googleドライブをインストールする(3) パソコン版Googleドライブをインストールする(3)
[Googleドライブへようこそ]画面が開くので、画面を進めていく。
パソコン版Googleドライブをインストールする(4) パソコン版Googleドライブをインストールする(4)
最後の画面で、[Googleドライブフォルダを開く]ボタンをクリックする。
パソコン版Googleドライブをインストールする(5) パソコン版Googleドライブをインストールする(5)
エクスプローラーでGoogleドライブが開く。

パソコン版Googleドライブの使い方

 パソコン版Googleドライブは、ネットワークドライブのような使い方となる。Windows 10上でG:ドライブやH:ドライブといったようにドライブレター(ドライブ名)が割り当てられる。割り当てられたドライブレターの下に[マイドライブ]フォルダがあり、その下にクラウド上のGoogleドライブのフォルダが見える。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。