ニュース
» 2021年04月16日 08時00分 公開

「企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きている」 paizaのプログラミング言語に関する調査結果最も得意なプログラミング言語は「Java」

paizaが実施した「プログラミング言語に関する調査」によると、最も得意なプログラミング言語のトップはJava、最も学びたい言語のトップはPythonだった。一方、求人が最も多い言語はJavaScriptで、企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きていることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 paizaは2021年4月15日、「プログラミング言語に関する調査」の結果を発表した。対象は、同社が運営する「paiza転職」を利用中の現役ITエンジニアで、369人から有効回答を得た。それによるとエンジニアが得意だったり、学びたかったりする言語と企業が求める言語には乖離(かいり)が起きていることが分かった。

画像 一番得意だと思う開発言語(出典:paiza

エンジニアが学びたい言語は「Python」、求人が多い言語は「JavaScript」

 エンジニアが最も得意だと思うプログラミング言語について聞いたところ「Java」と答えた人が最も多く、19.8%。次いで、「Python」が12.5%、「C」と「C#」がそれぞれ10.0%、「C++」が9.8%だった。

 最も学びたいプログラミング言語はPythonを挙げた割合が26.6%で最も高かった。次いで、「Rust」が16.3%、「Go」が11.7%、「JavaScript」が8.1%、「Kotlin」が7.0%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。