ニュース
» 2021年04月21日 08時00分 公開

DXにはデジタルを「作る人材」と「使う人材」が必要 IPAら3団体がデジタルリテラシー議会を設立デジタルリテラシーを向上させる「4つの活動」

データサイエンティスト協会と日本ディープラーニング協会、情報処理推進機構は、共同で「デジタルリテラシー協議会」を設立した。IT、データサイエンス、AIの3方面からデジタルリテラシーの向上を目指す。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 データサイエンティスト協会と日本ディープラーニング協会(JDLA)、情報処理推進機構(IPA)の3団体は2021年4月20日、共同で「デジタルリテラシー協議会」を設立した。

画像 「デジタルリテラシースキルフレームワーク」(出典:IPA

 協議委員には、データサイエンティスト協会の代表理事を務める草野隆史氏、東京大学大学院工学系研究科の教授で日本ディープラーニング協会の理事長を務める松尾豊氏、東京大学未来ビジョン研究センターの客員教授で日本ディープラーニング協会の特別顧問を務める西山圭太氏、情報処理推進機構の理事長を務める富田達夫氏が名を連ねる。

デジタルリテラシーを向上させる「4つの活動」

 3団体は協議会設立の背景を次のように語る。

 「『デジタルトランスフォーメーション』(DX)の推進には、『デジタルを作る人材』だけでなく『デジタルを使う人材』も必要だ。3団体が連携してIT、データサイエンス、AI(人工知能)の3方面からデジタルリテラシーの向上を目指すためにデジタルリテラシー協議会した」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。