ニュース
» 2021年04月23日 17時00分 公開

Google、クラウドで動作するAIベースのドキュメント処理プラットフォーム「Document AI」を正式リリース業務文書の処理時間や処理コストを大幅に低減

GoogleはAIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューションの一般提供をGoogle Cloudで開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年4月21日(米国時間)、AIと機械学習を利用した統合型ドキュメント処理コンソール「Document AI」(DocAI)プラットフォームと、これに基づく住宅ローンドキュメント処理の高速化ソリューション「Lending DocAI」、大規模な調達関連データ収集処理の自動化ソリューション「Procurement DocAI」の一般提供をGoogle Cloudで開始した。

ドキュメントを読み取り、理解して、活用できるようにするDocAI(出典:Google

 これらのDoc AIは次のようなGoogleの技術と組み合わせることで、ドキュメントを読み取り、理解して、活用できる。

  • (OCRを含む)コンピュータビジョンと自然言語処理(NLP):価値の高い大量のドキュメントについてトレーニング済みモデルを作成
  • Google Knowledge Graph:さまざまな分野の専門的な観点から分析情報を検証し、改善
  • カスタムドキュメントモデルのトレーニングと作成
  • AI開発における学習への人間の関与:必要な場合に高い精度を確保

プレビュー版でも業務プロセスを改善できた

 DocAIプラットフォームとLending DocAI、Procurement DocAIは2020年11月の発表後、プレビュー版を数千の組織が試用してきた。DocAIは既にローンや保険、政府機関といった業種の数百億ページのドキュメントを処理している。

 Lending DocAIも、銀行や住宅ローンブローカーなどの融資機関が、ローン申請の処理プロセスを改善する役に立っている。具体的には処理に必要な時間が数週間から数日に短縮できたという。Procurement DocAIは、調達データの大規模な収集を企業が自動化し、処理コストを最大60%削減することを可能にしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。