連載
» 2021年04月26日 05時00分 公開

起動オプション付きショートカットなどをスタートメニューに追加する【Windows 10】Tech TIPS

Windows 10の[スタート]メニューにアプリを登録する方法を紹介する。インストーラーのないフリーソフトウェアやオプションを加えたショートカットなどを、登録して素早く起動できるようにしよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


[スタート]メニューにアプリを追加する [スタート]メニューにアプリを追加する
インストーラーのないフリーソフトウェアやオプションを加えたショートカットなどを[スタート]メニューに追加したい場合、手動で操作を行う必要がある。その方法を紹介する。

 Windows 10で、インストーラーのないフリーソフトウェアやオプションを加えたショートカットなどを[スタート]メニューに追加したいと思うことはないだろうか。

 インストーラーのあるフリーソフトウェアならば、自動的に[スタート]メニューにアプリが追加される。だが、単純にZIPファイルなどを展開して、実行ファイルだけで取り出せるようなフリーソフトウェアでは、手動で[スタート]メニューに登録しなければならない。

 また、オプションを付けた状態で起動するようにしたアプリを別に登録しておきたいということもあるだろう。例えば、Google Chromeをゲストモードで起動するように「--guest」オプションを付けたショートカットを、[スタート]メニューに登録しておけばいい。これで、わざわざGoogle Chromeを起動してから[Googleアカウント]アイコンをクリックして[ゲスト]を選択しなくても、直接ゲストモードでGoogle Chromeが起動できるようになる。

 ただ、単にショートカットなどを[スタート]メニューにドラッグ&ドロップしただけでは登録できない。そこで、本Tech TIPSでは、Windows 10で[スタート]メニューに登録する幾つかの方法を紹介しよう。

アプリやショートカットを右クリックして登録する

 [スタート]メニューのタイル部分に登録するのであれば、エクスプローラーでアプリのフォルダを開き、実行ファイル(EXEファイルなど)を右クリック、メニューの[スタートメニューにピン留めする]を選択すればよい。

 ZIPファイルで配布されているフリーソフトウェアなどは、ZIPファイルを展開してから実行ファイルを右クリックすること。ZIPファイルを右クリックして、[スタートメニューにピン留めする]を選択してしまうと、ZIPファイルのショートカットがタイルメニューに登録され、それをクリックしてもエクスプローラーでZIPファイルが開かれるだけになってしまうからだ。

右クリックメニューで登録する(1) 右クリックメニューで登録する(1)
追加したいアプリの実行ファイルを右クイックして、メニューから[スタートメニューにピン留めする]を選択する。
右クリックメニューで登録する(2) 右クリックメニューで登録する(2)
タイルメニュー部分にアプリのショートカットが追加される。

ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する

 起動オプションを設定したい場合は、ショートカットを作成してから、リンク先を編集して、起動オプションを付ければよい。それには、実行ファイル(EXEファイルなど)の右クリックメニューで[ショートカットの作成]を選択して、ショートカットを作成する。

 作成したショートカットのファイル名から「- ショートカット」などを削除しておく。それから、ショートカットを右クリックし、[プロパティ]を選択、開いた[プロパティ]ダイアログの[ショートカット]タブで「リンク先」を編集して、実行ファイル名の後ろにオプションを付ければよい。

 なお、ショートカットを作成する際、[Program Files]などではフォルダ内にショートカットが保存できないので、デスクトップに作成してから、リンク先を編集すること。

ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(1) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(1)
エクスプローラーで[スタート]メニューに追加したいアプリのフォルダを開く。実行ファイルを右クリックして、[ショートカットの作成]を選択する。
ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(3) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(3)
アプリのインストール先によっては、このように警告ダイアログが表示されるので、[はい]ボタンをクリックして、デスクトップにショートカットを作成する。
ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(4) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(4)
作成したショートカットのファイル名から「- ショートカット」などを削除しておく。次にショートカットを右クリックし、メニューで[プロパティ]を選択する。
ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(5) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(5)
[プロパティ]ダイアログが開くので、[ショートカット]タブを開く。「リンク先」部分を編集してオプションを追加する。
ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(6) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(6)
再び、ショートカットを右クリックして、[スタートメニューにピン留めする]を選択する。
ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(7) ショートカットに起動オプションを追加して[スタート]メニューに追加する(7)
タイルメニュー部分にアプリのショートカットが追加される。

[スタート]メニューの実体フォルダにショートカットをコピーする

 [スタート]メニューのアプリ一覧に直接ショートカットをコピーすることはできないが、[スタート]メニューの実体フォルダにショートカットをコピーすることで、アプリなどを[スタート]メニューに登録できる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。