連載
» 2021年04月27日 05時00分 公開

早過ぎる新「Microsoft Edge」のリリースサイクルを緩和する「延長安定版チャネル」とは企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(98)

Microsoftは2021年9月にリリース予定のChromium版Microsoft Edge バージョン94以降、メジャーバージョンのリリースサイクルをこれまでの「6週ごと」から「4週ごと」に短縮します。また、リリースサイクルの短縮に合わせて、より長い「8週ごと」の「拡張安定版(Extended Stable)」オプションを追加する予定です。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

企業は新しいMicrosoft Edgeの更新と構成管理の本格化をスタート

 Microsoftは2020年1月に新しいChromium版「Microsoft Edge」の安定版(Stable)を初めてリリースして以降、レガシーなEdgeHTML版Microsoft Edgeを新しいMicrosoft Edgeに段階的に置き換えてきました。レガシーなMicrosoft Edgeのライフサイクルは「2021年3月9日」に終了し、4月13日(米国時間)の累積更新プログラムによって(および3月の累積更新プログラムのプレビューで先行的に)、ライフサイクル期間中の「Windows 10」の「半期チャネル(SAC)」バージョンからレガシーなMicrosoft Edgeのコンポーネントを完全に削除しました。

 つまり、更新管理が適切に行われている企業や組織では、既にレガシーなMicrosoft Edgeは存在しないことになります。言い換えれば、企業や組織は、新しいMicrosoft Edgeの更新管理と構成管理を本格化しなければならないということです。

 新しいMicrosoft Edgeは「Microsoft Edge Update」という更新用コンポーネントを備え、アプリ自身で自動更新されます。企業や組織では、Windowsやその他にMicrosoft製品と同じように、Windows Updateや「Windows Server Update Services(WSUS)」「Microsoft Endpoint Manager(Microsoft IntuneやEndpoint Configuration Manager)」で更新を配布でき(画面1)、Active DirectoryのグループポリシーやMicrosoft Endpoint Managerで設定を管理できます(画面2)。

画面1 画面1 WSUSで新しいMicrosoft Edgeの更新を配布するには、同期対象の製品として「Windows\MicrosoftEdge」を追加する
画面2 画面2 グループポリシーによる新しいMicrosoft Edgeの構成管理

 なお、新しいMicrosoft Edgeのグループポリシー管理用テンプレート(.admxおよび.adml)は、WindowsやWindows Serverには標準で含まれません。管理用テンプレートは、以下の企業向けのMicrosoft Edgeのダウンロードサイトで少なくとも「チャネル/バージョン」と「ビルド」を選択し、「ポリシーファイルを取得」リンクをクリックして入手します。

 ダウンロードした「MicrosoftEdgePolicyTemplates.zip」に含まれる「\windows\admx」と「windows\admx\ja-jp(日本語環境の場合)」ディレクトリにある.admxと.admlを、それぞれポリシーを編集するコンピュータの「%Windir%\PolicyDefinitions」と「%Windir%\PolicyDefinitions\ja-jp(日本語環境の場合)」、またはポリシーのセントラルストアに配置します(画面3)。管理用テンプレートはメジャーバージョンごとに更新版が提供されるので、常に適切な管理用テンプレートを使用するように留意してください。

画面3 画面3 企業向けのMicrosoft Edgeのダウンロードサイトから管理用テンプレートをダウンロードして、ポリシーを編集するコンピュータのローカルまたはセントラルストアにテンプレートファイルを配置する

2021年9月後半からMicrosoft Edgeのリリースサイクルは「4週ごと」に短縮

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。