ニュース
» 2021年04月27日 08時00分 公開

休憩を入れない連続した会議は集中力低下とストレス増加の原因に Microsoftが調査結果を発表「今日は会議しかやっていない……」

Microsoftは、働き方に関する分析レポート「Research Proves Your Brain Needs Breaks」を公開した。休憩を入れずに連続して会議を行うとストレスが高まり、集中力が低下するという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年4月20日(米国時間)、働き方に関する分析レポート「Research Proves Your Brain Needs Breaks」を公開した。それによると、休憩を入れずに連続して会議をするとストレスが高まり、集中力が低下するという。このレポートに基づき同社は、「Microsoft Outlook」と「Microsoft Teams」で、休憩時間を自動的に入れる機能などを提供すると発表した。

画像 脳波を測定し、会議とストレスとの関係を調査(出典:Microsoft

脳波を測定し、会議とストレスとの関係を調査

 会議とストレスとの関係を調べるため、Microsoftのヒューマンファクターズ研究所は、被験者となる14人に脳波(EEG)計測器を装着して、休憩を入れる場合と入れない場合の脳波の変化を調査した。

 会議は1回当たり30分で、1日当たり4回開いた。オフィスのレイアウトをデザインする、マーケティングプランを作るなど、会議は全て異なる内容にした。こうした会議を、ある日は4回連続で開き、別の日には各会議の合間に10分間の休憩を入れ、休憩中にはアプリを使って瞑想(めいそう)させた。

 こうした会議を2週間実施したところ、次の3つのポイントが明らかになったという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。