連載
» 2021年04月30日 05時00分 公開

いつでも、どこからでもAzureを管理――Azure管理者必携ツール「Azureモバイルアプリ」の使い方Microsoft Azure最新機能フォローアップ(140)

「Azureモバイルアプリ」を使うと、PCを使用せず、時間や場所を選ばずにスマートフォンやタブレット端末から、Azure仮想マシンやWebアプリなどのAzureリソースを監視および制御できるようになります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

いつでも、どこからでもAzureを管理できるAzureモバイルアプリとは

 「Azureモバイルアプリ(Azure mobile app)」は、AndroidとiOSに対応したスマートフォンおよびタブレット端末向けのAzure管理アプリです(画面1)。3年前の2018年5月に一般提供が開始されました。

画面1 画面1 Azureモバイルアプリは、Google PlayやApple Storeから無料でダウンロード、インストールできる

 Azureモバイルアプリを使用すると、PCを使用せずに、いつでも手元のモバイルデバイスからMicrosoft Azureのサービスやリソースの正常性や状態を監視でき、アラートや通知から問題を素早く察知して対処することができます。「ホーム」の「Azureサービス」には、以下の4つのサービスにアクセスすることができます(画面2)。

  • Azure仮想マシン
  • Webアプリ
  • SQLデータベース
  • Application Insights(Azure Monitorの機能、開発者向けのアプリケーションパフォーマンス管理サービス)

画面2 画面2 Azureモバイルアプリのホーム画面

Azure仮想マシンの稼働管理

 Azureモバイルアプリでは、通常の「Azureポータル」にある全ての機能を利用できるわけではありません。しかし、Azure仮想マシンやWebアプリを再起動するだけで回復できるような場合は、Azureポータルから行うよりも素早い対応が可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。