連載
» 2021年05月11日 05時00分 公開

AWSで「ノーコード開発」ができる「Amazon Honeycode」の基本的な使い方AWSチートシート

「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「Amazon Honeycode」を使ったノーコード開発の基本を解説する。

[平石匠,東京ITスクール]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。

 「ノーコード開発」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的にアプリケーションを作成するときは、エンジニアがPCにプログラミング言語を書くイメージがあると思います。”ノーコード開発”では、そうではなく画面をクリックしてアプリを開発します。AWSにはそんなノーコード開発を可能にする「Amazon Honeycode」というサービスがあるので、今回はそちらを紹介します。また、Honeycodeを利用して業務アプリケーションを作成する流れも紹介します。

Amazon Honeycodeとは?

 Honeycodeは、コードを記述することなくWebおよびモバイルのアプリケーションを作成できるサービスです。操作する画面はスプレッドシートモデルを採用しているので「Microsoft Excel」や「Google Spreadsheet」に慣れ親しんだ方は、その知識をそのまま生かせます。

 下記はHoneycodeの日本語版の紹介記事です。よろしければ本記事と併せてご参照ください。

※2021年4月の記事執筆時点でHoneycodeはβ版が提供されています。正式リリース版とは仕様が異なる可能性がある点に留意してください。また、本サービスが提供されているリージョンは記事執筆時点で米国西部(オレゴン)のみです。

 料金形態は、2021年4月の記事執筆時点で下記のようになっています。基本機能なら、20人まで無料で利用することができます。より人数を増やしたり、高機能を求めたりする場合は、有料プランを選択する必要があります。

Honeycodeを使うための準備

 AWSのコンソールにアクセスしてリージョンが「米国西部(オレゴン)」になっていることを確かめます(図1)。

図1 リージョンが「米国西部(オレゴン)」

 Honeycodeを開きます。サービス一覧から「honeycode」と検索すると検索結果に表示されます(図2)。

図2 「honeycode」と検索すると検索結果にAmazon Honeycodeが表示される

 Honeycodeを開くと、図3のような画面に遷移するので、「Sign up for Honeycode」をクリックしてサービスの利用を開始します。

図3 Honeycodeの起動画面

 「Sign in」画面に遷移します(図4)。ここでHoneycode用のアカウントでサインインを行う必要があります。

図4 「Sign in」画面

※Honeycode用のアカウントはAWSのアカウントとは異なります。このサービスを初めて利用する場合は「Create one」を、すでにアカウントを作成したことがある場合は登録したメールアドレスを入力して「Continue」をクリックしてください。

 以下、アカウントを作成する場合の手順を紹介します。

Honeycode用のアカウントの作成

 アカウント作成画面では、名前、メールアドレス、パスワード、パスワードの確認欄があります(図5)。それぞれ入力して「Create account」をクリックしてアカウントを作成します。

※このとき、設定するパスワードは下記条件を満たす必要があります。

  • 1つ以上小文字が含まれている
  • 1つ以上大文字が含まれている
  • 1つ以上数字が含まれている
  • 1つ以上特殊文字が含まれている
  • 8文字以上
  • 使用可能な文字で構成されている

図5 「Create an account」画面

 アカウントの作成が完了すると、図6の画面が表示され、登録したメールアドレス宛てにメールが送られるので確認します。

図6 「Confirm your email」画面

 このとき、メールが送られていないようなら「Resend confirmation email」をクリックするとメールが再送信されます。

 メールが届くはずなので、確認して「Confirm now」をクリックします。ブラウザで図7の画面が表示されればアカウントの作成は完了です。再度サインインするので、「Continue to sign in」をクリックしてください。

図7 「You're all set!」画面

サインインとアンケート

 図4のSign in画面でサインインします。画面に従って登録したメールアドレスとパスワードを入力してサインインしてください(図8)。

図8 登録したメールアドレスとパスワードを入力して「Sign in」をクリック

 初めて利用する際は図9のようにアンケートが表示されるので回答します。以下、日本語訳を載せるのでご参照ください。

図9 アンケート画面
  • What do you want to use Honeycode for ?(どのような目的でHoneycodeを利用しますか?)
    • Team productivity:チーム開発
    • Project management:プロジェクト管理
    • Accounting & finance:会計管理
    • Inventory management:在庫管理
    • Requests & approvals:申請と承認
    • Roadmap planning:ロードマップ作成
    • Personal productivity:個人開発
    • Other:その他
    • Prefer not to specify:明示したくない
  • What field do you work in ?:あなたが働いている分野は何ですか?
    • Human Resource:人材
    • Admin or management:管理
    • Finance:会計
    • Operations or production:生産・運用
    • Legal:法務
    • Sales:営業
    • Marketing:マーケティング
    • Engineering:開発
    • Other:その他
    • Prefer not to specify:明示したくない
  • What's your role ?:あなたの役割は何ですか?
    • Executive manager:統括マネジャー
    • Project manager:プロジェクトマネジャー
    • Consultant:コンサルタント
    • Analyst:アナリスト
    • Engineer:エンジニア
    • Individual contributor:一般社員
    • Student or intern:生徒かインターン生
    • Other:その他
    • Prefer not to specify:明示したくない

 回答後はチュートリアルが表示されるので、「Next」をクリックして画面を進めるか「Skip」をクリックして画面を閉じてください。

 アンケートが完了するとHoneycodeが表示されます。

Honeycodeで新規にアプリケーションを作る

workbookの新規作成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。