ニュース
» 2021年05月12日 16時30分 公開

Microsoft、オープンソースプロジェクト「ebpf-for-windows」を発表アプリのコードをカーネル内で安全に実行できる

Microsoftは、「eBPF」を「Windows 10」と「Windows Server 2016」以降で動作させるためのオープンソースプロジェクト「ebpf-for-windows」を発表した。アプリケーションプログラムのコードをカーネル内で安全に実行できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年5月10日(米国時間)、「eBPF」(extended Berkeley Packet Filter)を「Windows 10」と「Windows Server 2016」以降で動作させるためのオープンソースプロジェクト「ebpf-for-windows」を発表した。

 eBPFはアプリケーションプログラムのコードをカーネル内で安全に実行するための仕組みで、カーネルを拡張するための手間や時間を軽減する。これまでは主にLinuxで活用されてきた。

 例えばDoS(サービス妨害)攻撃からの保護機能を追加したり、オブザーバビリティを実現したりする。

 ebpf-for-windowsプロジェクトは、Linuxエコシステムで使われてきたeBPFのツールチェーンとAPIを、開発者がWindowsで利用できるようにすることを目指している。

 既存のオープンソースeBPFプロジェクトをサブモジュールとしてWindows上で実行するために、これらとWindowsの間にレイヤー(Windows固有のホスティング環境)を追加する。

 ebpf-for-windowsプロジェクトはまだ、開発の比較的初期の段階にあるが、GitHubリポジトリからコードを取得し、ビルドして機能を試すことが可能だ。完成前の段階でプロジェクトを発表した理由について、Microsoftは「eBPFをWindowsや他の環境で効果的に機能させるために、強力なeBPFコミュニティーと共同で取り組みを進めるため」と説明している。

どのようなアーキテクチャなのか

 次の図は、ebpf-for-windowsプロジェクトのアーキテクチャと関連コンポーネントを示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。