連載
» 2021年05月18日 05時00分 公開

Always On 可用性グループのクラスタメンバーごとにネットワーク情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(9)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタメンバーごとのネットワーク情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのクラスタメンバーごとにネットワーク情報を出力する「sys.dm_hadr_cluster_networks」について解説します。対応バージョンはSQL Server 2012以降です。

概要

 Always On 可用性グループやフェールオーバークラスタインスタンスでは生存確認が必要なため、それぞれ通信するためのネットワークアドレスを持っています。「sys.dm_hadr_cluster_networks」は、クラスタメンバーごとのネットワーク情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
member_name nvarchar(128) WSFCクラスタ内のノードのコンピュータ名です。
network_subnet_ip nvarchar(48) コンピュータが属するサブネットのネットワークIPアドレスです。IPv4またはIPv6のアドレスになります。
network_subnet_ipv4_mask nvarchar(45) IPアドレスが属するサブネットを指定するネットワークサブネットマスクです。
NULL は IPv6 サブネットです。
network_subnet_prefix_length int コンピュータが属するサブネットを指定するネットワークIPプレフィックス長です。
is_public bit WSFCクラスタでネットワークがプライベートかパブリックかを示しています。次のいずれかになります。
 0 = プライベート
 1 = パブリック
is_ipv4 bit サブネットの種類です。次のいずれかになります。
 1 = IPv4
 0 = IPv6

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。