連載
» 2021年05月20日 05時00分 公開

ちょっとしたアプリの作成に最適な「Azure Static Web Apps」が一般提供開始Microsoft Azure最新機能フォローアップ(141)

Microsoftは2021年5月12日(米国時間)、「Azure Static Web Apps」の一般提供開始を発表しました。Azure Static Web Appsは、静的なコンテンツのホスティングを動的なスケールとサーバレスのAPIを通じて提供するもので、無料で利用できるFreeプランが用意されています。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

このアプリにはちょうどいい、Azure Static Web Apps

 「Azure Static Web Apps(静的Webアプリ)」(以下、Static Web Apps)が「Azure App Service」の新しいサービスとして正式に利用可能になりました。Static Web Appsは、GitHubまたはAzure DevOpsのコードリポジトリと完全に統合された、サーバレスのWebアプリのホスティング環境です。

 静的Webアプリは、HTMLやCSS、JavaScript、イメージなどで構成される“静的なWebコンテンツ”です。

 Microsoft Azureでは静的なWebアプリをデプロイできる環境として、Azure App Serviceの「Web App(Webアプリ)」が既に利用可能です。また、「BLOBストレージ」でサポートされる「静的Webサイト(Static Web Site)」を利用することもできます。

 .NETやJava、Node.js、PHP、Python、WindowsまたはLinuxのコンテナなど、さまざまなランタイムに対応した従来のWeb Appsではオーバースペック、Blobストレージでサポートされる静的なWebサイトでは機能不足というケースでは、Static Web Appsは魅力的な選択肢になるでしょう。

 Static Web Appsにリソースを作成すると、AzureがGitHubを監視して、コミットされたコンテンツを自動的にデプロイしてくれます(画面1画面2)。

画面1 画面1 Static Web Appsリソースの作成時にGitHubアカウントでサインインして既存のリポジトリをリンクする
画面2 画面2 AzureがGitHubの変更を監視し、最新のコンテンツを自動でStatic Web Appsのサイトにビルド、デプロイしてくれる

 また、「Visual Studio Code」の「Azure Static Web拡張」を利用すると、Visual Studio CodeのエディタでGitHubのリポジトリのクローンに対してコードを作成、テストし、AzureにStatic Web Appsとして直接デプロイできます(画面3)。

画面3 画面3 無料の高機能コードエディターであるVisual Studio Codeでは、Static Web Appsの拡張機能からGitHubとAzureのそれぞれに接続し、ローカルで開発したアプリをStatic Web Appsに直接デプロイできる

Freeプランでも無料のSSLとカスタムドメインに対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。