連載
» 2021年05月20日 05時00分 公開

使わないフォントは断捨離してスッキリ生産性向上【Windows 10】Tech TIPS

Windows 10には多くのフォントがデフォルトでインストールされている。さらにライセンスフリーのフォントをインストールしたら不要なものまで追加されてしまった、ということもあるだろう。こうした不要なフォントを削除して、フォントリストをスッキリしよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


不要なフォントを整理しよう 不要なフォントを整理しよう
アプリケーションのフォントを選択するプルダウンリストを開くと、大量のフォント名が表示される。多くが全く使うことがないフォントだ。こうしたフォントを削除できれば、よく使うフォントも選びやすくなるはずだ。

 「Windows 10」には、デフォルトでさまざまなフォントがインストールされている。さらに、Microsoft Officeなどのアプリケーションをインストールすると、フォントが追加インストールされることがある。また、プレゼンテーションで手書きフォントなどを使いたいため、手動でフォントをインストールしていることもあるだろう。

 これらのフォントのうち使うものは限られており、特に欧文フォントは種類も多いことから、ほとんどのものがストレージの肥やしになっているだけだ。アプリケーションで、フォントを選ぶ際に開く「フォントリスト」に多くのフォントが並び、目的のフォントが選びにくい。

 そこで、使わないフォントを削除して、ストレージの空き容量を増やそう。ただし、システムで利用しているフォントなどは削除できないので注意してほしい。また、文書ファイルやプレゼンテーションで使っているフォントを削除してしまうと、レイアウトが崩れてしまったり、場合によっては文字が表示されなかったりするので注意してほしい。

[Windowsの設定]アプリでフォントを削除する

 フォントは、[Windowsの設定]アプリの[個人用設定]−[フォント]画面で削除できる。[フォント]画面で不要なフォントをクリックし、次の画面の「フォントファイル」にある[アンインストール]ボタンをクリックすればよい。確認ダイアログが開くので、[アンインストール]ボタンをクリックする。

 削除可能な場合は、これで「フォントファミリ(フォントのグループ)」が一括で削除できる。また、複数のフォントがセットになった「フォントコレクション」の場合、[コレクションの削除]ダイアログが表示されるので、ここで「はい、このフォントコレクション全体をコンピューターから削除します」を選択する。

[Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(1) [Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(1)
[Windowsの設定]アプリを起動し、[個人用設定]−[フォント]画面を開く。右ペインで削除したいフォントをクリックする。
[Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(2) [Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(2)
フォントの画面が開くので、[アンインストール]ボタンをクリックする。
[Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(3) [Windowsの設定]アプリでフォントを削除する(3)
警告ダイアログが表示されるので、確認した上で[アンインストール]ボタンをクリックする。
[Windowsの設定]アプリで削除する(4) [Windowsの設定]アプリで削除する(4)
フォントが削除されると[フォント]画面の右ペインからフォント名が消える。

 なお、システムフォントの場合、「<フォント名>は保護されたシステムフォントのため削除できません」と表示され、削除が行えない。システムフォントかどうかは、フォント名やアイコンなどからは判断できないので、使わないフォントについては削除を試してみるしかない。

システムフォントは削除できない システムフォントは削除できない
フォントを削除しようとすると、「システムフォントのため削除できません」と表示されることがある。フォント名を見ただけでは、システムフォントかどうか判断できないので、[アンインストール]ボタンをクリックして、このダイアログが表示されたら削除を諦めることになる。

 日本語フォントは、1つの書体で10MB程度あるので、数が多いと意外とストレージの容量を消費する。ストレージ容量が小さなPCを利用している場合は、不要なフォントを削除するというのも、ストレージの空き容量を増やす手段となる。

[font]フォルダでフォントを削除する

 [Windowsの設定]アプリでフォントを削除する場合、フォントファミリごとに選択してアンインストールしなければならない。例えば、Google Fontsのフォントを幾つもインストールしたような場合、個別に削除していくのが面倒だ。逆にフォントファミリの中で全く使わない「細字」だけを削除したい、といったこともあるだろう。

 そのような場合、フォントがインストールされている[%windir%\fonts]フォルダを開き、ここで削除したいフォント名を選択(複数可能)して、[Delete]キーを押せばよい。

[fonts]フォルダでフォントを削除する(1) [fonts]フォルダでフォントを削除する(1)
エクスプローラーで[%windir%Fonts]フォルダを開き、削除したいフォントを選択する(複数選択可能)。[削除]をクリックするか、[Delete]キーを押すと、フォントが削除できる。
[fonts]フォルダでフォントを削除する(2) [fonts]フォルダでフォントを削除する(2)
複数重なっているフォントアイコンは、複数の太さなどが異なるフォントで構成されているものだ。そのため、画面のように2つのフォントを選んで削除しようとしたのに、警告ダイアログには「8個のフォントを……」と示される。

 2つのフォントしか選択していないのに、「これらの7個のフォントを削除しますか?」などと警告ダイアログが表示されることがある。これは、1つのフォント内に太さなどが異なる複数のフォントが含まれているためだ。そのまま[はい]ボタンをクリックすれば、まとめて削除できる(システムフォントの場合は、[Windowsの設定]アプリでフォントを削除する際と同様、削除できない)。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。