連載
» 2021年05月25日 05時00分 公開

「Windows 10 バージョン21H1」が正式リリース、Windows Updateによる機能更新プログラム配布をコントロールする2つの方法とは企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(100)

Windows 10の最新バージョン「Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update)」がリリースされました。Windows Server Update Services(WSUS)などの配布管理ツールを導入していない中小企業を対象に、機能更新プログラムが意図せずインストールされてしまうことを防止する、現在のバージョンで利用可能な方法についてまとめます。WSUSを導入済みの場合については、別の機会に取り上げます。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update)について

 2021年5月18日(米国時間)、「Windows 10」の最新バージョン「Windows 10 バージョン21H1(May 2021 Update、OSビルド19043)」がリリースされました。

 Windows 10 バージョン21H1は、Windows 10 バージョン2004(OSビルド14041)/バージョン20H2(OSビルド14042)とOSのコア部分を共有する、小規模なアップデートです。品質更新プログラム(累積更新プログラム)は共通で、Windows 10 バージョン21H1の新機能はこれまでの累積更新プログラムで既に提供済みであり、非アクティブ化されている状態です。

 現在、Windows 10 バージョン2004またはバージョン20H2を実行している場合は、Windows Updateを使用して「有効化パッケージ」形式の機能更新プログラムを受け取ることができます。有効化パッケージは、非アクティブ化されている新機能をアクティブ化し、バージョン情報を切り替える小さな更新プログラムであり、1回の再起動で、短時間でアップデートが完了するという利点があります。

 Windows 10 バージョン1909以前に対しては、数GBの大きな機能更新プログラムで大規模なアップデートとして提供されます。こちらはWindowsの“アップグレードインストール”であり、数時間かかります。また、一部の設定がリセットされる可能性もあります。「Windows 10のダウンロード」サイトからアップデートアシスタントやISOイメージを使用してアップグレードする場合も同様です。

 なお、ボリュームライセンスのWindows 10には「Windows 10のダウンロード」サイトの方法は利用できません。ボリュームライセンスのWindows 10については、「Microsoftボリュームライセンスサービスセンター」(VLSC)でダウンロード提供されるメディアを使用する必要があります。

Windows Updateに表示される機能更新プログラムの案内

 機能更新プログラムの配布管理に対応した「Windows Server Update Services(WSUS)」「Microsoft Intune」「Microsoft Endpoint Configuration Manager(旧称、System Center Configuration Manager)」、その他のサードベンダーの配布管理ツールを導入していない場合、半年ごとにリリースされる「半期チャネル(Semi-Annual Channel、SAC)」のWindows 10の新バージョンは、Windows Update経由で機能更新プログラムとして提供されます。

 Windows 10の初期バージョンとは異なり、現在サポートされているバージョンでは、機能更新プログラムがすぐに自動配布(ブロード展開)されることはなくなりました。

 例えば、2020年5月にリリースされたWindows 10 バージョン2004のブロード展開(自動更新による配信)が宣言されたのは、リリースから8カ月後の2021年2月です。2020年10月にリリースされたWindows 10 バージョン20H2のブロード展開が宣言されたのは、7カ月後の2021年5月18日、Windows 10 バージョン21H1がリリースされたその日です。

 新しい機能更新プログラムがリリースされてしばらくは、「設定」アプリの「更新プログラムのチェック」をクリックした先進ユーザーに対して、利用可能であるという案内が通知されます(画面1)。

画面1 画面1 Windows 10の新しい機能更新プログラムが利用可能であることを示す案内通知

 また、一般提供が開始されてすぐに「更新プログラムのチェック」をクリックした全てのPCで利用可能になるわけではなく、提供対象は段階的に拡大されます。2020年5月19日以降は自動更新の一部として、Windows 10 バージョン20H2を受け取るかもしれません。ユーザーが「ダウンロードしてインストール」をクリックすることで、はじめてダウンロードとインストールが始まります。機能更新プログラムの案内通知がなくても、「Windows 10のダウンロード」(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)サイトからアップデートアシスタントまたはISOイメージを入手してアップグレードを開始することもできます。

 機能更新プログラムに対応した配布管理ツールを導入していない企業や組織の場合、機能更新プログラムの案内通知があると、IT担当者が意図していないタイミングでユーザー自身がアップグレードを開始してしまうという可能性があります。使用しているPCのハードウェアや業務アプリケーションに互換性の問題がある、あるいは未確認の場合は、ユーザー自身によるアップグレードはトラブルの原因になりかねません。

 そこで今回は、Windows Updateに機能更新プログラムの案内を表示させない方法と、アップグレードのタイミングを制御する方法を紹介します。

Windows Update for Businessで機能更新プログラムの延期する

 Windows 10 Pro以上のエディションの場合、「Windows Update for Business(WUfB)」のポリシーを適切に構成することで、Windows Updateの機能更新プログラムの案内通知を非表示にできます。

 それには、「ローカルグループポリシー」または「グループポリシー」で以下の場所にある「プレビュービルドや機能更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」ポリシーを有効化します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。