連載
» 2021年05月26日 05時00分 公開

2021年初夏、懐かしの「Windows 8」を新規インストール&更新してみたら……山市良のうぃんどうず日記(207)

Windows 8は2016年1月にサポートが終了し、既に5年以上たちます。しかし、少し確認したいことがあって仮想マシン環境に新規インストールする機会がありました。ついでにWindows 8としての最新状態まで更新して仮想ハードディスクをアーカイブとして保管しておきたいと思います。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

過去に紹介したWindows XP/Windows 7の新規インストールと更新手順

 筆者は機能や仕様の確認、あるいは単に趣味として、OSのライフサイクルが終了し(End of Service、End of Support、EoS)、サポート切れとなった“レガシーWindows”をHyper-Vの仮想マシン環境に残しています。

 先日、「Windows 8」(ライフサイクル期間中の「Windows 8.1」ではない)の環境がないことに気が付き、仮想マシン環境に新規インストールして可能な限り最新状態になるまで更新することにしました。

 本連載では同様の趣旨で、「Windows XP」や「Windows 7」の新規インストールと更新も紹介しています。

 決してEoSになったOSの利用をお勧めしているわけではありません。そのOSバージョンで可能な限り最新状態に更新したとしても、EoS後にセキュリティ更新がストップして以降、公開/非公開にかかわらず、脆弱(ぜいじゃく)性が放置され、積み重なっています。

 今回紹介するWindows 8の新規インストールと更新手順が何か役に立つことがあるとすれば、プリインストールPCが何らかの理由(メーカーのリカバリーディスクによる初期化やフルバックアップからの復元など)で工場出荷時の状態に戻ってしまった場合、そこから使用していた環境(ライフサイクル期間中のWindows 8.1や「Windows 10」)まで復旧させるのに役に立つかもしれません。Windows 8がメインストリームだった当時とは異なり、周辺環境は様変わりしています。当時可能であった手順ではうまくいかないこともあります。

Windows 8では、まずWindows Updateエージェントの最新版が必要

 今回は、Windows 10 バージョン20H2のHyper-Vホストに第1世代仮想マシンを作成し、32bit(x86)版のWindows 8 Proをインストールしました。64bit(x64)版でも同様の手順でインストール、更新できると思います。

 Windows 8を新規インストール後、Windows Updateで更新プログラムを確認すると、次のようなエラーで失敗します(画面1)。

新しい更新プログラムを検索できませんでした

更新プログラムを確認中に問題が発生しました。

エラー:コード 80072EFE Windows Updateで問題が発生しました。


画面1 画面1 新規インストール直後のWindows 8でWindows Updateを実行すると、「エラー:コード 80072EFE」で失敗する

 このWindows Updateのエラーを回避するには、以下のMicrosoft Download Centerサイトにあるリンクから「Windows Updateエージェント」のx86(64bti版の場合はx64)ベースの最新版Windows 8用パッケージをダウンロードしてインストールし、Windows 8を再起動します。

 ただし、Windows 8の「Internet Explorer(IE)10」の既定のセキュリティ設定のまま、サイトにアクセスしてもうまくダウンロードできません。この問題はMicrosoftの多くのWebサイトやサービスで、古い暗号化プロトコル「TLS 1.0/1.1」(さらに古いSSL 2.0/3.0は当然のこと)が廃止された影響です。

 IE 10の「インターネットオプション」の「詳細設定」タブを開き、既定の「SSL 3.0」と「TLS 1.0」のチェックを外し、代わりに「TLS 1.2」のみをチェックします。これでWindows Updateエージェントの最新版パッケージをダウンロードできるようになります(画面2画面3)。

画面2 画面2 IE 10の既定のセキュリティ設定のままでは、Microsoft Download Centerからダウンロードできない
画面3 画面3 IE 10で「TLS 1.2の使用」をチェックすることで、Microsoft Download Centerからパッケージをダウンロードできるようになる

再起動後の初回のWindows Update

 Windows 8の再起動後、再びWindows Updateで「更新プログラムの確認」を実行すると、「新しいWindows Updateソフトウェアをインストールする」と表示されるので、「今すぐインストール」ボタンをクリックします(画面4)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。