連載
» 2021年05月27日 05時00分 公開

Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)で追加された機能、削除された機能まとめWindows 10 The Latest

2021年5月21日に2021年の上期(春)の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。既にWindows Updateのオプションの更新プログラムとして多くのPCに提供されているようだ。そこで、このMay 2021 Updateで追加された機能、削除された機能についてまとめてみた。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows 10 The Latest」のインデックス

連載目次

Windows 10 May 2021 Updateは新機能がほとんどない Windows 10 May 2021 Updateは新機能がほとんどない
ここ2年ほど、春(上期)の機能アップデートは、多くの新機能が実装されるのが通例だった。ところが、Windows 10 May 2021 Updateでは新機能と呼べるものがない。

 ご存じの通り、「Windows 10」では年に2回、上期(春:5月から6月にかけて)と下期(秋:10月から11月にかけて)に「機能更新プログラム(機能アップデート)」と呼ばれる大型の更新プログラムの提供が行われている。2021年5月21日には、2021年の上期の機能アップデート「Windows 10 May 2021 Update(バージョン21H1)」の正式提供が開始された。

 ここ2年ほど、上期には新機能を追加する大型の機能アップデートを、下期には不具合修正やセキュリティ更新を中心とした機能アップデートを提供するという形であった。こうした提供形態に合わせ、サポート期間も上期は18カ月、下期は30カ月とし、主に企業に対しては、毎年下期の機能アップデートのみを適用し続けることで安定したバージョンが使い続けられるとしてきた。

 しかしMay 2021 Updateでは、新機能と呼ばれるものはほとんどなく、不具合修正やセキュリティ更新を中心としたものとなっている(新型コロナウイルスによる開発の遅れなどが影響している可能性もある)。

May 2021 Updateの適用方法

 May 2021 Updateは、既にWindows Updateによる提供が始まっている。ただし、当面はオプションの更新プログラムとなっており、手動による適用が必要だ。そのため、すぐに適用を行いたい場合、[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開き、「Windows 10、バージョン21H1の機能更新プログラム」欄の[今すぐダウンロード]リンクをクリックして、適用を行う必要がある。

 May 2021 Updateの機能更新プログラムは、October 2020 Update(バージョン20H2)に対する品質アップデートとして含まれていた新機能を、「イネーブラー」と呼ばれるプログラムで有効化するものだ。そのため、October 2020 Update以後に提供されてきた品質アップデートを全て適用していれば、May 2021 Updateへのアップデートは短時間で完了し、再起動も1回で済むようになっている。

Windows Updateではオプションの更新プログラムとして提供 Windows Updateではオプションの更新プログラムとして提供
October 2020 Updateが適用されているWindows 10に対して、Windows UpdateによるMay 2021 Updateの機能更新プログラムの提供が開始されている。配信されている場合は、[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開くと、画面のように「Windows 10、バージョン21H1の機能更新プログラム」が表示されるはずだ。ここの[今すぐダウンロードしてインストール]リンクをクリックすると、May 2021 Updateにアップデートできる。

 [更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開いても、「Windows 10, 21H1の機能更新プログラム」欄が表示されない場合は、そのPCに対して配信が行われていないので、配信されるまで待つことになる。場合によっては、特定の環境において不具合が発生するために配信が止められていることもあるので、特別の理由がない限り、Windows Updateでの配信が行われるまで適用は待った方がよい。

 ただテスト環境など、すぐにMay 2021 Updateに更新したい場合は、Webブラウザで「Windows 10のダウンロード」を開き、[今すぐアップデート]ボタンをクリックして、「Windows 10更新アシスタント(Windows10Upgrade9252.exe)」をダウンロード、実行すればよい(更新の手順は、「最新のWindows 10 May 2020 Updateを手動でインストールしていち早く試す」を参照してほしい。この記事は、May 2020 Updateを対象として説明しているが、更新手順はMay 2021 Updateでも同じである)。

Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(1) Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(1)
Webブラウザで「Windows 10のダウンロード」を開き、[今すぐアップデート]ボタンをクリックして、Windows10Upgrade9252.exeをダウンロードする。
Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(2) Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(2)
Windows10Upgrade9252.exeを実行すると、[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動するので、指示に従って進めていけばよい。
Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(3) Windows 10更新アシスタントでMay 2021 Updateに更新する(3)
更新が完了すると、[Windowsの設定]アプリの[システム]−[詳細情報]画面の「バージョン」が「21H1」になる。

May 2021 Updateで追加された機能、削除された機能

 前述の通り、May 2021 Updateでは新機能の追加がほとんどない。一方で、削除された機能もある。それらについてまとめてみた。

May 2021 Updateで追加された機能

 May 2021 Updateで追加された機能は大きく3つある。

 1つは、「Windows Hello」のマルチカメラ対応だ。これまでWindows Hello顔認証は、最初に発見したカメラでしか動作しなかった。そのため、外付けのWindows Hello顔認証に対応したカメラを接続しても、別のカメラを搭載したPCでは再起動を行い、外付けカメラを改めて認識させる手間が必要となっていた。May 2021 Updateによって、カメラを搭載したPCでも、自動的にWindows Helloに対応したカメラが認識され、それをWindows Helloのデフォルトのカメラに設定されるようになった。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。