ITmedia DX
ニュース
» 2021年05月27日 08時00分 公開

約3割の人が「精神的健康度の低下」を実感 P&L Associatesがテレワークに関する意識調査「同僚や他部署とのコミュニケーションが難しくなった」

P&L Associatesは、テレワークに関する意識調査の結果を発表した。社内コミュニケーションが難しくなったと感じている人が過半数を占め、約3割の人が「精神的な健康度の低下」を実感していた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 P&L Associatesは2021年5月26日、テレワーク(在宅勤務)に関する意識調査の結果を発表した。それによると、社内コミュニケーションが難しくなったと感じている人が過半数を占め、約3割の人が「精神的な健康度の低下」を実感していた。

画像 テレワークによって精神的な健康度や作業効率はどのように変化したか(出典:P&L Associates

「同僚や他部署とのコミュニケーションが難しくなった」

 テレワークの実施によって社内のコミュニケーションが「やや難しくなった」と実感している人の割合は47.8%、「難しくなった」は12.0%だった。社内コミュニケーションの難しさを感じる点については、「同僚」「他部署」「仕事以外の社員」とのコミュニケーションがトップ3を占めた。管理職に限ると、「部下への指示や指導」と「部下のコンディション把握」に難しさを感じている割合もそれぞれ4割近くに上った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。