連載
» 2021年06月03日 05時00分 公開

「Amazon Alexa」の発話に、より人間味のある表現力を付ける「Alexa Skills Kit」の2つの機能AWSチートシート

「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「Amazon Alexa」の発話により人間味のある表現力を付ける「Alexa Skills Kit」の2つの機能を紹介する。

[石田卓也,株式会社システムシェアード]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。

 今回は、「Amazon Alexa」に「より人間味のある表現力を付ける方法」をお伝えします。Alexaを使ってできることや機能などの認知度が低いと思っているので、本稿がAlexa開発に興味を持つきっかけになれば幸いです。

Amazon Alexaとは

 AlexaはAmazon.comが手掛けるクラウドベースの音声サービスです。AWS上に構築された自然言語理解基盤を使うことで、音声を解析、返答します。

 基本動作として「アレクサ」と話し掛けて、お願いや質問をするだけで、さまざまなことができます。「アレクサ、朝7時に起こして」と言うと自動でタイマーがセットされますし、「アレクサ、今日の天気は?」と言うと天気を教えてくれます。

 下記は、仕組みの詳細です。

  • ユーザーが発話した音声をAlexaが拾い上げて、いったんクラウドに展開する
  • クラウドで受け取った音声を機械学習基盤で分析して、リクエスト値をWebサービスに送る(「アレクサ、明日の秋葉原の天気を教えて」と言うと『明日』『秋葉原』『天気』を情報として拾ってアプリケーションロジックに持っていくなど)
  • アプリケーションロジックで処理した情報を再度クラウドに返して、読み上げるために必要な形式として整えてAlexaに返す
  • Alexaが回答を読み上げる

 人が発した言葉を学習してその精度を高める作業は全てAWSの機械学習基盤で用意されたAIモデルがやってくれます。自前で膨大な自然言語データを訓練する必要がなく、ユーザー体験を作り込むために必要な開発に集中できるのがAlexaの利点です。

より人間味のある表現力を付ける

 このAlexaの機能を使って「Alexaスキル」というアプリケーションを開発することができます。多少のプログラミングの理解は必要ですが、AlexaスキルはGUIベースでも開発できるキット「Alexa Skills Kit」が用意されているので、比較的簡単に作れます。

 ここからは、Alexa Skills Kitの機能を使ってAlexaスキルにより人間味のある表現力を付ける方法を2つ紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。