連載
» 2021年06月07日 05時00分 公開

近くのPCに瞬時にファイル共有 できるアナタのWindows「近距離共有」【Windows 10】Tech TIPS

会議などで資料を相手に送りたくなった場合、どのような手段を使っているだろうか。メールで送信したり、オンラインストレージに置いてダウンロードしてもらったりするのが一般的かもしれない。しかし、お互いWindows 10を利用しているのならば、「近距離共有」機能を使うと簡単にファイルの転送が行える。その使い方を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)以降


「近距離共有」機能の概要 「近距離共有」機能の概要
Windows 10の「近距離共有」は、Bluetoothで近くにあるPCを検索し、その後、無線LANを使ってファイルの送受信を行うという仕組みだ。iOSのAirDropやAndroidの「周辺ユーザーとの共有(Nearby Share)」と同様の機能である。

 会議で急に資料(ファイル)を共有したくなった場合、どのようにファイルをやりとりしているだろうか。メールで送信する、オンラインストレージに置く、といった方法で共有している人も多いと思う。

 参加者のPCがWindows 10であれば、「近距離共有(Near Share)」機能を使うことで、もっと簡単にファイルを共有することが可能だ。この機能は、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)以降で利用可能になっているのだが、意外と知られていない。使い方は意外と簡単なので、何かの際に利用できるように覚えておくとよい。

「近距離共有」とは

 「近距離共有」を利用するには、Bluetoothと無線LAN(Wi-Fi)の両方が搭載され、有効になっている必要がある(ノートPCならばほぼ使えるはずだ)。これは、近くにある共有相手(送信先)のPCを探すのに、Bluetoothを使い、ファイル転送にはWi-Fi Direct(無線LANを使ったP2Pのネットワーク)を利用するためだ(実際にはBluetoothだけでもファイルの送信は可能なようだ)。iPhoneの「AirDrop」、Androidの「周辺ユーザーとの共有(Nearby Share)」と同様の機能だ。

 そのため、ファイルの送受信が行える距離は、Bluetooth/無線LANの届く範囲ということになる。インターネットを介したファイル交換は行えない。また、BluetoothとWi-Fi Directによるファイル交換のため、同じネットワークに接続している必要はない(社外の人を社内のネットワークに招待する必要はない)。

 「近距離共有」でファイルを送受信するには、送信側、受信側の両方でこの機能を有効にする必要がある。Bluetoothが搭載されていないPCでは、[Windowsの設定]アプリでこの項目が表示されないので注意してほしい。

「近距離共有」を有効にする

 「近距離共有」機能を有効化するには、[Windowsの設定]アプリを起動し、[システム]−[共有エクスペリエンス]画面を開き、「近距離共有」欄のスイッチを「オン」にすればよい。スイッチの下にある「次の場所からコンテンツを……」のプルダウンリストでは、[近くにいるすべてのユーザー]を選択しておく(会議などで他人と共有する場合)。これは、送信側と受信側の両方で設定する必要がある。

「近距離共有」を有効にする 「近距離共有」を有効にする
[Windowsの設定]アプリを起動し、[システム]−[共有エクスペリエンス]画面を開き、「近距離共有」欄のスイッチを「オン」にすればよい。スイッチの下にある「次の場所からコンテンツを……」のプルダウンリストでは、[近くにいるすべてのユーザー]を選択する。「受信したファイルの保存先」は、適当なフォルダを指定すればよい(受信したファイルは、そのフォルダに保存される)。

 「受信したファイルの保存先」はデフォルトでは、[ダウンロード]フォルダになっているので、必要に応じて別のフォルダに変更してもよい。

 単純に機能の有効/無効の切り替えだけならば、通知領域(インジケーター領域)でアクションセンターを開き、[近距離共有]アイコンをクリックしてもよい。

「近距離共有」はアクションセンターで有効/無効を切り替え可能 「近距離共有」はアクションセンターで有効/無効を切り替え可能
「近距離共有」のオン/オフは、アクションセンターを開き、[近距離共有]アイコンをクリックすることで切り替えることもできる。

 Bluetoothが「オフ」にしていた場合は、「近距離共有」欄のスイッチを「オン」にした時点で、自動的にBluetoothも「オン」になる。

「近距離共有」でファイルを送受信する

 「近距離共有」機能を有効にしたら、送信側のPCのエクスプローラーで共有したい(相手に送信したい)ファイルを右クリックし、[プログラムから開く]のすぐ上にある[共有]を選択する。メニューの中には、OneDriveの[共有]もあるので、間違えないようにする。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。