ニュース
» 2021年06月08日 08時00分 公開

国内AIシステム市場が「新型コロナのマイナス影響」を受けなかった理由 IDC2020〜2025年の国内AIシステム市場を予測

IDC Japanは2020〜2025年の国内AIシステム市場予測を発表した。2020〜2025年の年間平均成長率を25.5%と見込み、2025年の市場規模は4909億8100万円になると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年6月2日、国内AI(人工知能)システム市場の予測を発表した。2020年の市場規模は、対前年比47.9%増の1579億8400万円。2021年は、同34.1%増の2119億1600万円の見込みだ。

画像 2020〜2025年の国内AIシステム市場の支出額予測(出典:IDC

 IDCによると、2020年はユーザー企業によるAIアプリケーションの利用が増加し、ソフトウェア市場は前年と比べて45.2%増加した。ハードウェア市場は、「富岳」などスーパーコンピュータの需要の高まりと「ハイスペックサーバ」の前倒し導入によって、前年度比で104.2%増となった。サービス市場は、ビジネス変革支援やITコンサルティング、アプリケーション開発/運用支援のニーズが高まり同24.8%増だった。

新型コロナウイルス感染症によって再認識された「企業変革の重要性」

 国内AIシステム市場は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるマイナスの影響をそれほど受けず、2021年も継続的に成長する見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。