ニュース
» 2021年06月09日 11時30分 公開

「Python」がわずかな差で2位に、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」「Dart」「Kotlin」「Julia」「Rust」「TypeScript」「Elixir」が有望

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年6月版では、Pythonが近いうちに「C」を抜き、首位に迫る様子が見られた。1〜5位は「C」「Python」「Java」「C++」「C#」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは、2021年6月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。今回も「C」が12.54%のレーティングで首位を獲得し、「Python」(11.84%)、「Java」(11.54%)、「C++」(7.36%)、「C#」(4.33%)が2〜5位を占めた。

 ここ3カ月の1〜3位について見ると、2021年4月にはC、Java、Pythonだったが、5月に2、3位が入れ替わり、今回と同じくC、Python、Javaの順となった(4、5位は、いずれもそれぞれC++、C#)。

Pythonが伸び続けている

 Pythonのレーティングは2018年以降、ほぼ右肩上がりで上昇している。これに対し、Cのレーティングは2021年2月以降、急降下が続いており、Javaも2020年3月以降、下落基調にある。

 2021年6月のCとPythonの差は0.7ポイントしかなく、最近のレーティング動向からすると、Pythonは間もなくCを抜いて、TIOBEインデックスで初めて首位に立ちそうだ。TIOBEインデックスは2021年7月に20周年を迎えるが、これまでに首位になった言語は、CとJavaの2つだけだという。

 前年同月比のレーティングの変動を見ても、Pythonは上位20言語の中で、上昇幅が3.48ポイント増と最も大きかった。上昇幅が1ポイントを超えた言語は、C++(1.41ポイント増)、アセンブリ言語(1.09ポイント増)、Classic Visual Basic(1.07ポイント増)だけだった。

 TIOBE Softwareは今後有望な言語として「Dart」「Kotlin」「Julia」「Rust」「TypeScript」「Elixir」などを挙げたものの、今回、大きな動きはなかったと述べている。

TIOBEインデックス(2021年6月版)から1〜20位を示した(出典:TIOBE Software
TIOBEインデックス1〜10位の推移を示した(出典:TIOBE Software

21位以下のランキングは?

 TIOBE Softwareは今回のTIOBEインデックスについて、21〜50位のランキングも非公式に公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

6月16日にフォーマット統一のため利用規約を変更します

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。