連載
» 2021年06月10日 05時00分 公開

次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能にMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(143)

これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

「Windows Server 2022 Preview」が180日評価版に

 Microsoftは2021年6月1日(米国時間)、「Microsoft Evaluation Center」(評価版センター)で「Windows Server 2022 Preview」の180日評価版が利用可能になったことを発表しました。Windows Server Insiderでは2021年5月下旬にアナウンスされており、実際には5月24日(米国時間)から利用可能になっています。

 Windows Server 2022のプレビュービルドのISOイメージはこれまで、Windows Server Insiderプログラムの参加者に対し「Windows Server Insider download center」を通じて提供されていました。Microsoft Evaluation Centerで提供が開始されたことで、Windows Server Insiderプログラムに参加していないITプロフェッショナルもLTSC(Long-Term Serving Channel:長期サービスチャネル)版Windows Serverの次期バージョンをオンプレミスで評価できるようになりました。Windows Server 2022 Previewのバージョンは「21H2」、OSビルドは「20348」になります。

 数年ごとにリリースされるLTSC版であるWindows Server 2022は、2018年10月リリースの現行バージョン「Windows Server 2019」の次のバージョンであり、2021年下半期の正式リリースを予定しています。LTSC版は「デスクトップエクスペリエンス」と「Server Core」の2つのインストールタイプを提供し、10年という長期サポートが提供されます(画面1)。一方、「半期チャネル(SAC)」のWindows Serverは、「Server Core」のみが提供され、18カ月のサポートとなります。

画面1 画面1 LTSC版であるWindows Server 2022は、Server Coreとデスクトップエクスペリエンスの2つのインストールタイプで提供

現在、明らかになっているWindows Server 2022の新機能

 Windows Server 2022 Preview(ビルド20384)のデスクトップエクスペリエンスインストールは、一見するとWindows Server 2019をベースに「Windows 10」の次期バージョン「21H2」と新しいGUI(「設定」アプリのアイコンなど)を搭載したもののように見えます(画面2)。

画面2 画面2 Windows Server 2022 Previewのデスクトップエクスペリエンスインストール。Microsoft Edgeを標準搭載している

 真新しいことといえば、デスクトップエクスペリエンスにChromium版の新しい「Microsoft Edge」が標準搭載されていることです。Windows ServerとWindows 10のLTSC版にはMicrosoft Edge(既にサポートが終了し、Windows 10から削除されたEdgeHTMLベースの古いMicrosoft Edge)は新機能という扱いで搭載されませんでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。