連載
» 2021年06月22日 05時00分 公開

ロードされたアセンブリ情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(19)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、ロードされたアセンブリ情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は、「sys.dm_clr_loaded_assemblies」のロードされたアセンブリ情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2008以降です。

概要

 CLR統合により作成されたオブジェクトを実行するには、登録したアセンブリをSQL Serverへロードする必要があります。アセンブリがロードされると「sys.dm_clr_loaded_assemblies」にロードした時刻とともに、アプリケーションドメインのアドレスなどの情報が出力されます。

出力内容

列名 データ型 説明
assembly_id int 読み込まれたアセンブリのID
appdomain_address int アセンブリがロードされたアプリケーションドメインのアドレス
load_time datetime アセンブリがロードされた時間

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。