ニュース
» 2021年06月23日 11時00分 公開

Remote Desktop Connection Manager(RDCMan)がSysinternalsの一部として復活複数のデスクトップ接続を1コンソールで管理

複数のデスクトップへの接続を1つのコンソールで管理できる「Remote Desktop Connection Manager(RDCMan)」が、Windows Sysinternalsユーティリティーの一部として復活した。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 2021年6月22日(米国時間)、「Remote Desktop Connection Manager(RDCMan)」の最新バージョン「2.8」がリリースされた。RDCManは、複数のデスクトップへの接続を1つのコンソールで管理できる「Windows Sysinternals」(Microsoftが無償でダウンロード提供しているWindows向けツール集)のユーティリティーの一部だ。

 RDCManは、外部エンティティーへの参照を含むXMLを不適切に解析するという情報漏えいの脆弱(ぜいじゃく)性(CVE-2020-0765)が存在することが判明し、バージョン2.7(2014年11月リリース)を最後に2020年3月に公開が停止されていた。

 この脆弱性は、特別に細工されたXMLコンテンツを含むRDCMan Groups(.rdg)ファイルをユーザーに開かせることで悪用することができた。

 Windows Sysinternalsの生みの親として知られるMark Russinovich氏(現、Microsoft Azure CTO《最高技術責任者》)は2021年2月、RDCManが近い将来、再デビューすることを予告していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。