連載
» 2021年06月29日 05時00分 公開

ミラーリングで試行したページの自動修復情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(21)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、ミラーリング環境におけるページの自動修復情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は「sys.dm_db_mirroring_auto_page_repair」の、ミラーリングで試行したページの自動修復情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2008以降です。

概要

 以前に紹介した「sys.dm_hadr_auto_page_repair」は、可用性グループが構築されている環境でのページの自動修復情報が出力されましたが、「sys.dm_db_mirroring_auto_page_repair」は、ミラーリング環境でのページの自動修復情報が出力されます。

出力内容

列名 データ型 説明
database_id int この行に対応するデータベースのID
file_id int ページが存在するファイルのID
page_id bigint ファイル内のページのID
error_type int エラーの種類。次のいずれかになる
 -1 = 全てのハードウェア823エラー
 1 = 不適切なチェックサムまたは破損ページ以外の824エラー
 2 = 不適切なチェックサム
 3 = 破損ページ
page_status int ページ修復の試行ステータス。次のいずれかになる
 2 = パートナーからの要求を待機中
 3 = 要求はパートナーに送信済み
 4 = ページの自動修復を待機中(応答はパートナーから受信済み)
 5 = ページの自動修復に成功し、ページは使用可能
 6 = 修復不可能
modification_time datetime ページステータスが最後に変更された日時

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。