連載
» 2021年06月30日 05時00分 公開

Windowsから消えた「PCの起動をカスタマイズする」の謎その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(188)

先日、Windows Server 2019の物理サーバのUEFIファームウェアの設定画面にアクセスしようとWinREで再起動しようとしたところ、あるはずの場所に「PCの起動をカスタマイズする」が見当たらないことに気が付きました。実は、この現象(Windowsの仕様)は以前から知っていたのですが、忘れたころに遭遇するとちょっとびっくりします。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

Windowsにまつわる都市伝説

「PCの起動をカスタマイズする」が消えた理由

 「Windows回復環境(Windows Recovery Environment、WinRE)」は、Windowsの起動トラブルからの回復、システムの復元、バックアップからの復元、更新プログラムのアンインストール、BIOS/UEFIファームウェア設定へのアクセスなどを提供する、通常のWindowsとは別にローカルディスクにインストールされる“特別なOS環境”です。

 正常稼働している、あるいは何か問題があっても起動はできている「Windows 10」や「Windows Server 2016」以降の場合、「設定」アプリの「更新とセキュリティ」の「回復」を開き、「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」ボタンをクリックすることで、WinREで再起動するための「トラブルシューティング」メニューを含む「オプションの選択」画面に入ることができます。

 スタートメニューや「WinX」メニュー([Windows]+[X]キー)、ログオン/ロック画面の再起動メニューを、[Shift]キーを押しながら選択することでも「オプションの選択」画面に入ることができます(画面1)。

 コマンドラインから次のコマンドを実行することでも、「オプションの選択」画面に入ることができます。なお、WinREで起動するための「shutdown.exe」コマンドの「-o」パラメーターは、「Windows 8」および「Windows Server 2012」から利用可能になったものです。

shutdown /r /o /t 0
画面1 画面1 WinREを起動するための操作

 先日、「Windows Server 2019」が稼働する物理サーバのUEFIファームウェアの設定画面にアクセスしようと、「設定」アプリの「回復」を開いたところ、「PCの起動をカスタマイズする」項目と「今すぐ再起動」ボタンが表示されない場面に遭遇しました。全く同じサーバで表示されることもあります。以下の画面2が、その場面のスクリーンショットです。上のスクリーンショットには「PCの起動をカスタマイズする」がありませんが、下のスクリーンショットには存在します。

画面2 画面2 「PCの起動をカスタマイズする」が表示されないときと表示されるときがある。この表示は、リモートデスクトップ接続によるログオンか、ローカルコンソールでのログオンかで決まる

 これらのスクリーンショットは同じサーバのものです。上のスクリーンショットの状態が異常というわけでは決してありません。これらの表示の違いは、「リモートデスクトップ接続経由でログオンしているか」「ローカルコンソールからログオンしているか」で決まります。

 WinREを起動するには、ローカルコンソールに表示される「オプションの選択」画面を対話的に操作できる必要があります。近くにローカルコンソールがない可能性のあるリモートデスクトップ接続で、不用意にWinREの起動を開始してしまうとネットワーク経由で何もできなくなってしまうため、「PCの起動をカスタマイズする」の項目が非表示になるのでしょう。リモートデスクトップ接続では、「shutdown.exe」コマンドも「-o」パラメーターを受け付けてくれません。

 これと似たようなものに、「設定」アプリの「ディスプレイ」があります。ローカルのディスプレイを使用していないのですから、リモートデスクトップ接続でログオン中にその設定にアクセスできても意味がありません。

画面3 画面3 リモートデスクトップ接続では、ローカルディスプレイの設定変更もできない

リモートデスクトップ接続でもWinREで再起動する方法は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。