連載
» 2021年07月02日 05時00分 公開

Azureファイル共有がSMBに加えて、NFS 3.0を正式にサポートMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(146)

SMBのファイル共有サービスを提供する「Azureファイル共有」が「NFS 3.0」プロトコルを正式にサポートしました。SMBはmacOSやLinuxでもサポートされますが、アプリケーションやパフォーマンスの要件によってはNFSが適している場合があります。Azureファイル共有がSMBとNFSの両方に対応したことで、選択肢が広がります。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azureファイル共有とは

 「Azureファイル共有(Azure Fire Share)」は、Azureストレージが提供するサーバレスのファイル共有サービスです。Azureファイル共有は同じリージョン内のAzure仮想マシンからの接続についてはSMB(Server Message Block)2.1以降、インターネット経由および別リージョンの仮想マシンやオンプレミスからの接続についてはSMB 3.0以降によるファイル共有への接続をサポートしています。

 Microsoftは2021年6月23日(米国時間)、2020年7月からパブリックプレビューとして提供してきた「NFS(Network File System)3.0」および「NFS 4.1」の一部サポートが一般提供され、Microsoft Azureの全てのリージョンで利用可能になったことを発表しました。ただし、利用可能かどうかは、各リージョンにおけるストレージアカウントの種類やパフォーマンス、冗長性の組み合わせに依存します。

 Azureファイル共有はSMB 3.0以降でインターネット経由でのアクセスをサポートしていますが、それはSMB 3.0以降に備わった「SMB暗号化」を必須としており、安全に送受信できるからです。

 対して、Azureファイル共有のNFSサポートは、インターネット経由のアクセスは安全ではないためにサポートしていません。NFSでのアクセスは、Azureのプライベートネットワークに対して公開することができます。同一のプライベートネットワークに接続されたAzure仮想マシンからは直接アクセスできます。

 オンプレミスからインターネット経由でNFSを使用してAzureファイル共有にアクセスするには、Azureのプライベートネットワークに対する「ポイント対サイト(P2S)VPN」か「サイト間サイト(S2S)VPN」、または「Azure ExpressRoute」経由の安全な接続を通じて行う必要があります。

Azureポータルからの作成は現状難あり、共有の作成まではAzure PowerShellで

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。