ニュース
» 2021年07月06日 17時30分 公開

Microsoft、機械学習の初学心者向けにカリキュラムを無償公開AIとデータサイエンスのカリキュラムも公開予定

Microsoftは機械学習の初学者向けカリキュラム「Machine Learning for Beginners」をGitHubで無償公開した。いわゆる「古典的な機械学習」について24のレッスンを通じて学習できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年7月1日(米国時間)、機械学習の初学者向けカリキュラム「Machine Learning for Beginners」をGitHubで無償公開した。公開されたのは英語版のカリキュラム。

 カリキュラムには24のレッスンがあり、想定学習期間は12週間だ。レッスンの内訳(カッコ内はレッスン数)は、入門(4)、回帰(4)、Webアプリケーション(1)、分類(4)、クラスタリング(2)、自然言語処理(5)、時系列(2)、強化学習(2)となっている。補遺として、さまざまな業種で実際に使われている機械学習アプリケーションが紹介されている。

24のレッスンのうち、冒頭の6つの内容(出典:Microsoft
「レッスン2:The History of machine learning」のスケッチノート(出典:Microsoft

 このカリキュラムでは、いわゆる「古典的な機械学習」を扱い、学習にはオープンソース機械学習ライブラリ「scikit-learn」を主に使用した。

 ディープラーニングは扱わないが、Microsoftは、後日公開予定のAIの初学者向けカリキュラム「AI for Beginners」でカバーするとしている。さらに、データサイエンスの初学者向けカリキュラム「Data Science for Beginners」の公開も予定しており、これらを併せて学習することを勧めている。

どのように学習できるのか

 「Machine Learning for Beginners」は、学習者に新しい知識やスキルが定着するように、実際に手を動かすプロジェクトベースとすることと、頻繁にクイズを出すことを基本方針として作成された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。