連載
» 2021年07月09日 05時00分 公開

カスタムイメージの作成を自動化する「Azure Image Builder」でWindows Server 2019の日本語化に挑戦Microsoft Azure最新機能フォローアップ(147)

Microsoftは2021年6月30日(米国時間)、これまでパブリックプレビューとして提供していた「Azure Image Builder」の一般提供を開始しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Azure Image Builderによるカスタムイメージ作成の自動化

 「Azure Image Builder」は、WindowsおよびLinux仮想マシン(VM)のカスタムイメージ作成をMicrosoft Azure上で自動化できるマネージドサービスです。Azure Image Builderを利用すると、セキュリティ要件やコンプライアンス要件、構成済みのソフトウェア、設定を含むWindowsおよびLinux仮想マシンイメージを標準化し、クラウド(Microsoft AzureおよびAzure Stack HCI)への移行やデプロイで一貫性を保つのに役立ちます。

 Azure Image Builderは2019年5月からパブリックプレビューとして提供されてきましたが、2021年6月30日(米国時間)に一般提供が開始されたことが発表されました。一般提供の開始により、Azure Image Builderによるカスタムイメージの作成と仮想マシンのデプロイを運用環境に適用することができます。

 Azure Image Builderの概要とチュートリアルは、以下のドキュメントで説明されています。一般提供開始時点で日本語のサイトはパブリックプレビューの内容のままであることに注意してください。

 現在、Azure Image Builderでカスタムイメージが作成できるのは、一部のリージョンとなっています(東日本/西日本リージョンでは未提供)。

Azure CLIまたはAzure PowerShellを使用したカスタマイズ方法

 Azure Image Builderの利用者は、イメージのソースやカスタマイズ内容を記述した構成ファイル(JSONファイル)をGitHubなどを介してAzure Image Builderサービスに送信して、カスタムイメージを含む仮想マシンテンプレートまたはAzure Stack HCI用のVHDイメージの作成を自動化できます。

 Windows仮想マシンとしては「Windows Server 2016」「Windows Server 2019」と、「Azure Virtual Desktop(旧称、Windows Virtual Desktop)」向けの「Windows 10 バージョン1809」のEnterprise、Enterprise Multi-session、Proエディションを、Linux仮想マシンとしてはUbuntu、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOS、SUSE Linux Enterprise Server(SLES)の一部のバージョンをサポートしており、Azure Marketplaceのパブリックイメージまたは既存のカスタムイメージに、独自のカスタマイズを追加できます。

 以下のドキュメントでは、ごく簡単なカスタマイズを自動化して、WindowsまたはLinux仮想マシンのテンプレートを作成する手順が示されています。カスタマイズ用の構成ファイル(JSONファイル)のテンプレートは、パブリックなGitHubに既に公開されているサンプルを使用します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。