連載
» 2021年07月13日 05時00分 公開

仮想ログファイルに関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(25)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、仮想ログファイル情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は「sys.dm_db_log_info」における仮想ログファイルに関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016 SP2以降です。

概要

 SQL Serverのトランザクションログファイルは、物理的なファイルを仮想ログファイル(VLF)と呼ばれる単位に区切って使用されています。VLFの個数やサイズは動的に決められており、運用方法によっては多数のVLFがトランザクションログファイルに作成されます。ファイルの圧縮などもVLF単位に行われるため、VLF状況の把握が必要になることがあります。「sys.dm_db_log_info」ではトランザクションログファイル内のVLFの情報などを確認できます。

構文と引数

構文 sys.dm_db_log_info (database_id)

引数名 データ型 既定値 説明
database_id int NULL データベースIDの指定。以下のいずれかの値を指定する
 database_id
 NULL
 DEFAULT

NULLおよびDEFAULTは現在のデータベースのコンテキストと同じ値になる

出力内容

列名 データ型 説明
database_id int データベースID
file_id smallint トランザクションログファイルのファイルID
vlf_begin_offset bigint VLFの開始オフセット
vlf_size_mb float VLFのサイズ
vlf_sequence_number bigint VLFのシーケンス番号
vlf_active bit VLFの使用状況。次のいずれかになる
 0 - VLFは未使用
 1 - VLFはアクティブ
vlf_status int VLFの状態。次のいずれかになる
 0 - VLFは非アクティブ
 1 - VLFは初期化されているが未使用
 2 - VLFはアクティブ
vlf_parity tinyint VLFのログの末尾を決めるパリティ
vlf_first_lsn nvarchar(48) VLFの最初のログシーケンス番号(LSN)
vlf_create_lsn nvarchar(48) VLFを作成したLSN
vlf_encryptor_thumbprint varbinary(20) 透過的暗号化の母印。使用していない場合はNULL

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。