ニュース
» 2021年07月13日 08時00分 公開

ゼロデイマルウェアが74%、ウォッチガードが「インターネットセキュリティレポート」の2021年第1四半期版を発表「ファイルレス」「PDFに偽装」など多様化するマルウェア

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、「インターネットセキュリティレポート」の2021年第1四半期版を発表した。WatchGuardのアプライアンスが検知したネットワーク攻撃は400万以上あるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは2021年7月12日、「インターネットセキュリティレポート」の2021年第1四半期版を発表した。それによると2021年第1四半期に検知した脅威のうち、「ゼロデイマルウェア」が74%を占めた。

画像 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのWebページから引用

「ファイルレス」「PDFに偽造」など多様化するマルウェア

 WatchGuardのアプライアンスが検知したネットワーク攻撃は400万以上で、2020年第4四半期と比べて21%増加した。

 マルウェアの傾向を見ると、ファイルレスマルウェアの亜種が爆発的に増加した。2021年第1四半期で最も多かったのは「XML.JSLoader」だった。XML.JSLoaderは「XML外部実態攻撃」(XXE攻撃)によって、WebサーバのPowerShellのポリシーを無視してコマンドを実行するマルウェアだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。