ニュース
» 2021年07月15日 08時00分 公開

「コロナがなかったとしても人材不足に悩んでいる」 Ivantiがサイバー攻撃に関する実態調査IT部門の人材不足がセキュリティリスクを増加させる

Ivantiはサイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。従業員がテレワークで働くことにセキュリティ上の不安を感じている日本のIT担当者の割合は92%で、IT部門の人材不足に悩まされたことがある日本のIT担当者の割合は79%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Ivantiは2021年7月13日、サイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。それによると、過去1年間でIT部門の人材不足に悩まされたことがある人の割合は日本が79%だった。

画像 ITの人材不足は組織にどんな影響を与えたか(出典:Ivanti

 今回の調査は、米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、日本の従業員数が500人以上の企業で働くIT担当者を対象としたもので、1005人から有効回答を得た。

8割以上が「フィッシング攻撃が巧妙になっている」と回答

 「1年以内に自社がフィッシング攻撃の被害に遭った」と回答した人の割合は日本が50%だった。調査対象国の中で最も割合が高かったのはオーストラリアとニュージーランドの96%だった。

 「以前よりもフィッシング攻撃が巧妙になっていると感じているか」と聞いたところ、日本では93%、日本以外の調査対象国では85%の人が「巧妙になっている」と回答した。

画像 フィッシング攻撃についてどう感じるか(出典:Ivanti

 ランサムウェアの被害について聞いたところ、「1年以内に自社がランサムウェアの被害に遭った」と回答した人の割合は日本が53%だった。調査対象国の中で最も割合が高かったのはオーストラリアとニュージーランドで93%だった。

 ランサムウェア攻撃を受けた機器では「ノートPC」が最も多く、次いで「デスクトップPC」「モバイル機器」「サーバ」と続いた。この順番は調査対象国全てにおいて同じ傾向が見られた。

「働き方は元に戻らないが、不安も感じている」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。