連載
» 2021年07月19日 05時00分 公開

【Android】Googleの音声入力で「、」「。」、改行を入力する方法Tech TIPS

Androidでは、標準で「Google音声入力」による音声入力が可能だ。意外と入力精度も高く、スクリーンキーボードを使うよりも素早く入力が行える。ただ、これまで「、」「。」などが入力できず不便だったが、いつの間にか入力ができるようになっていた。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Android


Google音声入力が「、」「。」に対応したってよ Google音声入力が「、」「。」に対応したってよ
いつの間にか、Google音声入力が「、」「。」の入力に対応していた。ただ、入力には少しコツがいる。その方法を伝授する。

 スマートフォン(スマホ)は、小型で携帯できる上、いつでもインターネットに接続できることから、何かを調べたり、ちょっとした作業を行ったりするのは、PC(パソコン)ではなく、スマホという人も多いのではないだろうか。

 メールの返事もフリック入力を使って、PCのフルキーボードと遜色ないスピードで入力できる人もいるようだが、小さなスクリーンキーボードは苦手、タップミスで誤入力が頻発、という人も多いと思う。

 そのような人には、Googleの音声入力が便利だ。想像以上に認識率が高く、スクリーンキーボードをちょこちょことタップするよりも数倍のスピードで入力できる。ただ、これまでiPhone(iOS)の音声入力ではできていた「、」「。」、改行が、Googleの音声入力ではサポートされておらず、メールの返信などには使いにくいものであった。

 それがいつの間にかアップデートによって「、」「。」、改行などに対応していたようだ。ただ、音声入力にはちょっとテクニックがいる。これらを音声入力するテクニックを紹介しよう。

Googleの音声入力を使う方法

 Android標準の入力システム「Gboard」を利用している場合は、「Keepメモ」アプリなどの入力可能なアプリを起動し、表示されたキーボード上部の[マイク]アイコンをタップすると音声入力が行える。

Gboardの場合 Gboardの場合
Android標準のキーボード「Gboard」の場合、キーボード右上の[マイク]アイコンをタップするだけで音声入力が可能になる。

 Microsoftの「SwiftKeyキーボード」の場合は、キーボードの上部の[…]アイコンをタップし、表示された画面で[マイク]アイコンをタップすると、Google音声入力が起動する。

SwiftKeyキーボードの場合(1) SwiftKeyキーボードの場合(1)
Microsoftが提供している「SwiftKeyキーボード」の場合、音声入力を起動するにはひと手間必要になる。キーボード右上の[…]アイコンをタップする。
SwiftKeyキーボードの場合(2) SwiftKeyキーボードの場合(2)
オプションの機能が表示されるので、[音声入力]アイコンをタップする。
SwiftKeyキーボードの場合(3) SwiftKeyキーボードの場合(3)
Google音声入力が起動するので、[マイク]ボタンをタップして音声入力を行う。

 Simejiの場合、[マイク]アイコンをタップすると、独自の音声入力アプリが起動するようだ。これだと明示的に「、」「。」を音声入力することはできない(文脈などから自動で「、」「。」を挿入する機能はある)。Google音声入力を利用したい場合、Gboardなどに切り替える必要がある。「Keepメモ」アプリなどを起動し、キーボードを立ち上げ、[戻る]/[ホーム]/[最近]ボタンの右側にある[キーボード]ボタンを使って、キーボードを「Simeji」から「Gboard」または「Google音声入力」に切り替えればよい。

Simejiの場合(1) Simejiの場合(1)
Simejiの場合、音声入力を行うと独自の音声入力機能が実行されてしまう(明示的な「、」「。」の入力には非対応)。そこで、キーボードをGboardなどに切り替える必要がある。それには、画面右下の[キーボード]ボタンをタップする(Androidのバージョンや機種によって、操作は異なる)。
Simejiの場合(2) Simejiの場合(2)
キーボードの切り替えが行える[入力方法の選択]メニューが表示されるので、[Gboard]か[Google音声入力]を選択する。

 [キーボード]ボタンが表示されない場合は、キーボード上の[地球儀]アイコンを長押しするか、[設定]アプリでキーボードを切り替える。Androidのバージョンや機種によって設定方法が異なるので、マニュアルなどを参照して、キーボードをSimejiから切り替えるとよい。

Googleの音声入力で「、」「。」などを入力する方法

 「、」「。」などを入力するには、慣れが必要になる。特にGoogleの音声入力の場合、誤認識を避けるためか、少々特殊な言い回しが必要になるので注意してほしい。

「、」を入力する

 「、」を入力しようとして、iPhoneの要領で「てん」と話しても「10」となってしまい「、」は入力できない。「、」は、「とうてん」と話せばよい。たまに「当店」と入力されてしまうことがあるので、「と う て ん」と少し意識してはっきりと話すといいようだ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。