連載
» 2021年07月20日 05時00分 公開

業務継続性確保のために、モダンブラウザ二刀流のススメ企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(104)

2021年3月13日にレガシーなMicrosoft Edgeのサポートが終了し、2021年4月のセキュリティ更新までにアプリの削除と新しいMicrosoft Edgeへの置き換えが行われました。Internet Explorer 11のサポートも、1年後の2022年6月に終了することが発表されています。Microsoftが推奨するのは、新しいMicrosoft Edgeの安定版、最新バージョンということになりますが、モダンブラウザを新しいMicrosoft Edgeだけに頼るのは業務継続性の観点からお勧めできない事例に遭遇しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Microsoft Edgeの更新で一部のアプリでエラー多発

 Microsoftは2021年5月27日(米国時間)、「Microsoft Edge」安定版の最新のメジャーバージョン「91(91.0.864.37)」をリリースしました。筆者がこのMicrosoft Edgeの最新バージョンに更新して以降、あるWebベースのアプリの一機能がエラーを多発させ、正常に機能しなくなりました。

 そのアプリは、Microsoft Edgeの最新バージョンがリリースされた2日前に最新のマイナーバージョンがリリースされた「Windows Admin Center」のバージョン「2103.2」です。

 Windows Admin Centerの「リモートデスクトップ」ツール(Remote Desktop拡張機能のバージョン「1.101.0」)が、「予期しないエラーが発生しました:'Cannot read property 'value' of undefined'」エラーに続いて、大量の「予期しないエラーが発生しました: 'handle[name] is not a function'」を出力するようになり、リモートデスクトップ接続ができない状態になったのです。Windows Admin Centerの「通知」に表示可能な項目は「99」が最大のようで、通知を確認すると、99のエラーが出力される状態です(画面1)。

画面1 画面1 Windows Admin Centerバージョン2103.2とMicrosoft EdgeまたはGoogle Chromeバージョン91との組み合わせで、予期しないエラーが多発する状態に

 Microsoft Edgeバージョン91がエラーのきっかけであることは、数時間、調査して分かりました。その調査の中で分かったのは以下のことです(画面2)。

  • Microsoft Edgeと同じChromiumエンジンを搭載する「Google Chrome」のバージョン「91(91.0.864.37)」でも同じエラーが発生する
  • 最新のWindows Admin Centerバージョン2103.2と1つ前のMicrosoft Edgeバージョン90の組み合わせ、さらに1つ前のWindows Admin Centerバージョン2103と最新のMicrosoft Edgeバージョン91の組み合わせでは発生しない
  • 「Mozilla Firefox」のバージョン「88(88.0.1)」と2021年6月初めにリリースされたバージョン「89(89.0)」では不安定ながらも問題なく接続できることがある

画面2 画面2 Windows Admin Centerバージョン2103.2とMozilla Firefoxバージョン88との組み合わせの場合、リモートデスクトップ接続は可能

 なお、Mozilla Firefoxは、Windows Admin Centerで公式にサポートされるブラウザではありません。また、「Internet Explorer(IE)11」は、もともとWindows Admin Centerを利用できません。

 最新のWindows Admin Centerバージョン2103.2では、ユーザーからのフィードバックを受けて、リモートデスクトップツールが改善されているそうですが、その2日後に出たMicrosoft Edgeの最新バージョンでそれが台無しになってしまいました。なお、この問題に関してはフィードバックに即対応してもらい、2021年6月10日にリリースされたRemote Desktop拡張機能のバージョン「1.107.0」で解消されました。

 現在、多くの企業では、モダンブラウザから利用するWebベースの業務アプリやツール、クラウドのサービスへの依存度が高まっています。Windows Admin Centerの今回の問題は、「リモートデスクトップ接続」アプリ(mstsc.exeなど)で簡単に回避できますが、そうでない場合はモダンブラウザの更新をきっかけに業務がストップしてしまうというリスクがあります。Microsoft EdgeとMozilla Firefoxのように、複数のモダンブラウザをクライアントに準備しておくことが、そのようなリスク回避の対策になるでしょう。

 Microsoft EdgeとGoogle Chromeの組み合わせは、回避策にならない場合があることに注意してください。どちらも同じChromiumエンジンであり、数日の差はありますが、最新バージョンには共通のエンジンが搭載されています。そのため、問題が各ブラウザ固有の機能ではなく、エンジンの問題である場合、同じ影響を受けるはずです。

 それ以外の方法、例えば、Microsoft Edgeの自動更新のストップやバージョンのロールバックについても検討してみましたが、以下に示すように実に厄介な状況です。

Microsoft Edgeの自動更新を止めるにはADまたはAzure ADドメイン環境が必要

 Microsoft Edgeの更新に「Windows Server Update Services(WSUS)」などの更新管理ツールを利用している場合は、Microsoft Edgeの新バージョンをテストして問題がないことを確認した上で承認し、クライアントに展開することが重要です。

 以下のポリシー設定を利用すると、Microsoft Edgeをユーザーがインターネット経由で更新してしまうことを防止できます(画面3)。管理用テンプレートは「ビジネス向けMicrosoft Edgeのダウンロード」サイトから取得できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。