連載
» 2021年07月21日 05時00分 公開

本当にできるのか? Windows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法山市良のうぃんどうず日記(211)

2021年3月、Windows 10標準のブラウザだったEdgeHTML版の「Microsoft Edge」のサポートが終了し、4月以降、サポート期間中の半期チャネル(SAC)のWindows 10から削除され、Chromium版の新しいMicrosoft Edgeに置き換わりました(まだインストールされていなかった場合)。新しいMicrosoft Edgeは、常に最新バージョンに更新され、アンインストールはできません。通常の方法ではその通りなのですが、実は、アンインストールできなくもありません。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

新しいMicrosoft Edgeをアンインストールしたい理由

 以下の連載記事では、「Microsoft Edge」安定版の最新バージョンに更新したところ、あるWebベースのアプリの一機能が「予期しないエラー」を多発するようになったと書きました。記事では、このような問題に素早く対処できるように、複数のモダンブラウザをクライアントで使用可能にしておくことをお勧めしました。

 記事では、「システムの復元」またはバックアップからの復旧以外にMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法はないとも書きました。

 本稿では、システムの復元やバックアップからの復旧に頼らない、Microsoft Edgeのバージョンのロールバックが成功したので紹介します。決して一般ユーザー向けの手順ではありません。企業が業務継続のために、緊急避難的、一時的にバージョンをロールバックしたいという場合の参考にしてください。

 個人の環境の場合、ロールバックしてもMicrosoft Edgeの自動更新機能ですぐに問題のバージョンに更新されてしまいます。企業はMicrosoft Edgeの自動更新を止めることはできますが、その場合、新しいバージョンで修正済みのセキュリティ問題を放置することになります。

レジストリ内のMicrosoft Edgeのアンインストール情報を使用する

 現在の「Windows 10」では、コントロールパネルの「プログラムと機能」→「プログラムのアンインストールまたは変更」から、Microsoft Edgeのインストール変更(修復)ができますが、アンインストールオプションは表示されません(画面1)。また、Microsoft Edgeの古いバージョンのインストーラーをダウンロードして上書きインストールしようとしても、Windowsインストーラーのエラー("There is a problem with this Windows Installer package. ……")で失敗します。

画面1 画面1 コントロールパネル「プログラムのアンインストールまたは変更」を開いても、Microsoft Edgeのアンインストールオプションは表示されない

 このように、標準的な方法でMicrosoft Edgeをアンインストールする手段は用意されていません。しかしながら、レジストリに登録されているMicrosoft Edgeのアンインストール情報を用いれば、アンインストールできることを確認できました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。