連載
» 2021年07月21日 05時00分 公開

Windows Server 2012/2012 R2とSQL Server 2012向けのESU発表、最大3年間の利用延長が可能にMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(149)

Microsoftは、2022年と2023年に延長サポート期限を迎えるWindows Server 2012/2012 R2とSQL Server 2012/2012 R2に対し、最大3年間の「拡張セキュリティ更新プログラム(Extended Security Updates、ESU)」を有料または無料で提供することを発表しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

2008/2008 R2バージョンのWindows ServerとSQL Serverへの対応を踏襲

 「Windows Server 2012/2012 R2」と「SQL Server 2012/2012 R2」は、Microsoftの固定ライフサイクルポリシーに従い、間もなく延長サポート期限を迎えます(画面1)。

画面1 画面1 2012/2012 R2バージョンのWindows ServerとSQL Serverの延長サポート期限は、それぞれ1年後、2年後に迫ってきた

 SQL Server 2012/2012 R2は1年後の「2022年7月12日」に、Windows Server 2012/2012 R2はさらに1年後の「2023年10月10日」がその期限となります。延長サポートが終了すると、更新プログラムの提供を含む、全ての製品サポートが終了するため、現在、運用中のサーバが存在する場合は、すぐにでもサポート終了に向けた行動が必要です。推奨されるのは、オンプレミスまたはクラウドへの、メインストリームサポート期間中のバージョンへの移行です。

 過去にMicrosoftは、2009年7月に延長サポート期限を迎えた「SQL Server 2008/2008 R2」、2020年1月14日に延長サポート期限を迎えた「Windows Server 2008/2008 R2」「Windows 7 Service Pack1(SP1)」に対して、延長サポート期限を開始日として、最大3年間、セキュリティ更新プログラムを受け取ることができる「拡張セキュリティ更新プログラム(Extended Security Updates、ESU)」を提供しました。

 ESUは1年ごとに購入する必要があり、現在、SQL Server 2008/2008 R2は最後の3年目(2022年7月12日まで)、Windows Server 2008/2008 R2とWindows 7 SP1は2年目(2022年1月11日まで)の期間にあります。

 MicrosoftはSQL Server 2012/2012 R2の延長サポート期限まで1年を切った2021年7月14日(米国時間)、SQL Server 2012/2012 R2とWindows Server 2012/2012 R2に対しても最大3年のESUを有料または無料で提供することを発表しました。

画面2 画面2 発表に合わせ、2012/2012 R2バージョンのSQL ServerとWindows ServerがESUのFAQサイトに追加された。「Dynamics AX 2009/2012/2012 R2」も、2021年3月に延長サポート期限のさらなる延長と、ESUの提供が発表されている

オンプレミス向けには有料、Azureでは無料

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。