ニュース
» 2021年07月21日 08時00分 公開

KandaQuantumが「タスクを入力するだけで最適な担当者に割り当てるツール」を開発ディープラーニングと量子アニーリングを利用

KandaQuantumは、タスクを入力するだけで適切な担当者に割り当てるツール「calqtask」を開発した。業務のタスクを文章で入力すると、そのタスクの内容を判別し、処理する人材を適切に割り当てる。判別と割り当ての処理にはディープラーニングと量子アニーリングを利用している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 KandaQuantumは2021年7月20日、業務のタスクを適切な人材に割り当てるツール「calqtask」を開発したと発表した。

画像 タスクマッチングツールの概要図

 calqtaskは、業務のタスクを文章で入力すると、そのタスクの内容を判別し、適切な担当者に割り当てるマッチングツール。ディープラーニングと「組合せ最適化問題」の近似解を求める手法「量子アニーリング」を利用しており、ディープラーニングで自然言語を処理し、量子アニーリングによって「タスクに最適な人材」を割り当てる。

「タスクを入力するだけで担当の割り振りとスケジューリングが可能」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。