• 関連の記事

「Windows管理者のためのIPv6入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows管理者のためのIPv6入門」に関する情報が集まったページです。

Windows管理者のためのIPv6入門:
最終回 IPv4とIPv6の相互運用
IPv6ネットワークを導入する場合、現状ではIPv4との相互運用についても考慮する必要がある。IPv6のシステムでも、トンネリングやアドレス変換などを使えば、IPv4のシステムと相互に通信できるようになる。相互運用の方法をまとめておく。(2014/3/13)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第8回 IPv6のルーティング
Windows Server OSのRRAS(Routing and Remote Access Service)は、VPNやダイヤルアップ接続だけでなく、LANのルータとしても利用できる。IPv6のルータとしてRRASをセットアップする方法を解説。(2013/8/29)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第7回 IPv6とDNSサーバ
ホスト名からIPv6アドレスを求めたり、その逆を行うには、IPv6に対応したDNSサーバを利用する。Windows ServerのDNSサーバでIPv6を扱う方法を解説する。特に逆引きゾーンの設定方法に注意する。(2013/7/4)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第6回 LLMNRを使ったローカル・セグメント上での名前解決
IPv6アドレスは128bitもあり、そのままでは取り扱うのは困難である。通常はホスト名やドメイン名を組み合わせて対象となるホストを表すことになる。FQDN名からIPv6アドレスを求めることを「名前解決」といい、Windows環境ではDNSとLLMNRがよく使われる。今回はローカル・セグメント上での名前解決を行うLLMNRを解説する。(2013/5/23)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第5回 IPv6アドレスをDHCPで割り当てる
IPv6におけるIPアドレスの設定方法は、ルータのアドバタイズ機能を使ったステートレスな自動設定が基本であるが、一部不足する情報はDHCPで補足するという、ハイブリッドな構成も使われる。(2013/3/14)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第4回 IPv6アドレスを割り当てる
128bitもあるIPv6アドレスを手動で各ノードに割り当てるのは簡単ではない。アドレス割り当てを自動化するステートレス設定とは?(2012/7/5)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第3回 L2アドレスを解決する近隣探索プロトコル
イーサネットで通信する場合、相手のMACアドレスが分からないとパケットを送信できない。ARPに代わるIPv6の近隣探索機能とは?(2012/5/24)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第2回 IPv6パケットの構造を知る
IPv6ではパケットの構造を単純化し、プロトコル処理の高速化やルータの負荷低減なども図っている。IPv6パケットを覗いてみよう。(2012/1/5)

Windows管理者のためのIPv6入門:
第1回 IPv6の概要
IPv4アドレスが枯渇し、今後はIPv6を使わざるを得なくなる!? 今からでも遅くない、Windows管理者のためのIPv6入門連載開始。(2011/9/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。