• 関連の記事

「Windows OS入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows OS入門」では、これからWindowsのシステム管理を始めるIT担当者や、もっとWindowsを活用して効率を高めたいユーザー、そして改めて復習したい現役のシステム管理者といった方々に向けて、Windows OSを構成するさまざまな技術について毎回テーマを1つ選び、その内部構造なども踏まえて解説していきます。

Windows OS入門:
第9回 Windowsのファイルシステムの概要とFATファイルシステム
Windowsを使っていてディスクサイズやファイルサイズの制限に引っかかったことはないだろうか? こうしたトラブルに遭わないように、ファイルシステムの概要や、特にFATの仕様を把握しておこう。(2015/7/16)

Windows OS入門:
第8回 Windowsのストレージアーキテクチャ
ちょっと複雑な構成のストレージをWindowsで利用しようとすると、普段は目にしないWindows固有のストレージ用語に出くわすことがよくある。Windowsのストレージシステムの概要を学んで、こうしたストレージ用語にも慣れておこう。(2015/6/11)

Windows OS入門:
第7回 特権的な操作を制限するUAC(ユーザーアクセス制御)
Windows OSでは、管理者権限のあるアカウントでログオンして作業しがちだが、これは危険な行為である。だがWindows OSの仕様上、さまざまな場所で管理者権限を求められるので、ついこういった運用をしがちだ。このような状況を改善するために導入されたUACの仕組みを解説する。(2015/3/19)

Windows OS入門:
第6回 レジストリのリダイレクトと仮想化およびレジストリ操作ツール
64bitのWindows OSでは、32bitアプリケーションとの互換性のために一部のレジストリやファイルが「リダイレクト」や「リフレクト」されたり、「仮想化」されている。その仕組みと役割について解説。レジストリを操作するツールについてもまとめておく。(2015/2/19)

Windows OS入門:
第5回 システム設定を集中管理するレジストリ
Windows OS内部の各種設定は、「レジストリ」を使って集中管理されている。その基本的な機能や用語、主要なレジストリキーとその用途などについて解説する。(2015/1/22)

Windows OS入門:
第4回 メモリ管理
システムにいくらメモリが搭載されていて、そのうちどのくらいのメモリが実際に使われているのか、本当に必要なメモリはどのくらいなのか。Windows OSのメモリ管理機能について解説。(2014/12/24)

Windows OS入門:
第3回 プロセスとスレッド
OSの一番核となる機能と言えばプロセス管理。Windows OSの内部ではプロセスやスレッドはどのように動作しているのか、GUIアプリケーションのパフォーマンスなどを改善する優先度/クォンタムブースト、マルチコアCPUの性能を引き出すスレッドスケジューリングやアフィニティ設定などについて解説。(2014/10/30)

Windows OS入門:
第2回 アクセス制御リストACL
Windows OSの管理業務で必ず目にするであろう「ACL(アクセス制御リスト)」。その基本は、「誰に」「何を許可するか」という設定の集まりだ。ACLの概要や設定方法、継承の意味などについて解説する。(2014/7/17)

Windows OS入門:
第1回 ユーザーとグループアカウント
GUI を採用しているWindows OSは、その「中身」をあまり知らなくてもそれなりに使うことができる。だが、より進んだ使い方をしたり、効率よく管理するためには、その内部に対する理解も必要である。本連載ではWindows OSを構成するさまざまな技術について、その内部的な仕組みや構成などを踏まえながら解説していく。今回はユーザーとグループアカウントについて解説する。(2014/6/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。