• 関連の記事

「ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

@IT Database Expertフォーラムの連載『ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ』の記事一覧です。

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(4):
従来の監査から飛躍的に改善され使いやすくなったUnified Audit
DB運用で避けては通れない、ログ監査。12cではどれくらいDBAが楽になる? 監査とセキュリティの問題を解消する目玉機能がUnified Auditだ。(2013/12/24)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(3):
マルチテナントアーキテクチャのバックアップ設計、考え方とNGパターン
データベースのバックアップは、障害発生時に復旧できるよう、正しく取得する必要があります。また、環境に則したバックアップ計画やリカバリ計画を検討しておく必要があります。12cで盛り込まれた機能を理解して、安全かつ効率のよいバックアッププロセスの設計を考えましょう。(2013/12/16)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(2):
データベース統合の新たな手法「マルチテナント・アーキテクチャ」
連載第2回の今回は、目玉機能「マルチテナント・アーキテクチャ」についてレビューしていきます。ライセンスの制限やアラートログの扱いや、3種類の「コンテナ」の違いなど、実際に評価する前に知っておきたい情報を紹介していきます。(2013/9/13)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(1):
「新機能」「廃止機能」「サポート状況」から見たユーザーにとってのOracle Database 12c
Oracle Database導入を実施ならびに支援するサービスプロバイダという筆者の立場から、ユーザーにとっての新バージョンの意義を考えながら、新機能や廃止された機能などを紹介します。(2013/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。